FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

ジオラマ「ゆうゆう鉄道」建設プロジェクト23  

第23回遠征です。

今回はリバー鉄道線路敷設と水回りの表現です。

到着が深夜になった今回は、騒音の発生するリバー鉄道線路敷設ではなく滝と急流の着色をまず行いました。


2015052201300001.jpg


2015052202520000.jpg

滝はほとんど白だけで描きました。


2015052201300000.jpg

特に流れを意識しましょう。


2015052202520001.jpg

いいですね!

練習の成果が出ました!

急流のほうは青がわざとらしくなってしまったので、あとで修正です。


2015052212390000.jpg

配線の製作。

クランプできるものがなかったので口にくわえてハンダ付け。

涙ぐましい努力です!


2015052213000001.jpg



一夜明け、リバー鉄道線路に取り掛かります。


2015052213000000.jpg

作ったケーブルはボードに穴を開けて通します。

穴を開けるのがハイパワーの電動ドリル。

この騒音が凄まじいのです。

ちなみにこのケーブルは1LA・BTの給電



ここから先の線路は位置の融通が利かない分岐。

まずは駅の入口と出口、11・12分岐器の場所をカチッと決めてしまってから駅中央に向かって攻めていきます。


2015052215050000.jpg

直線になる箇所でドッキングです。

直線ならばレールの切り出しの採寸も楽です。

カーブだと内と外でレールの長さが違うのでやりにくいのです。


2015052217060000.jpg

一番むずかしい箇所の敷設が終わりました!


S__1458185.jpg

ポイントの動作に問題がないかの確認は、ボードの下からキリなどを使って実際にポイントマシンで動かすように擬似的に動かして行います。

完璧でした。

通電も完璧でした。



時間があるので更に延長です。


2015052220420000.jpg

車庫に分岐するポイントまで繋げられました!

ただの単線に見えるこちらですが絶縁箇所があったりなど加工が多く1時間はかかりましたね。


急なカーブの途中にジョイントを設けるのは好きではありませんが今回は回避不能でした。

しかも絶縁ジョイナーのため、見事にレールの弾性に負けます。


2015052220400001.jpg

そこでカーブ外側に犬釘(笑)を打ちました。

ガチ犬釘と呼んでいます。

あとで草を植えて隠しましょう。


レールはここまでで終了。




最後に教会の池の作りなおしです。

先輩が思うように作った池が気に入らないとのことで、こちらはカトーのイージーウォーターを使ったもの。


2015052212100002.jpg

電動ドリルで無残に破壊です。


新しくプラスターと墨汁入りボンド水を塗ったら、色による水の表現です。

全体をブルー+緑で塗ったら、水深が浅くなる箇所に白を点在させます。

一度乾かしたら、溶剤を適量使いコシのある筆でぼかしていきます。

溶剤をつける量でぼかし具合を調整します。

これは先輩の手によるものです。

私は最初の手ほどき以外一切手を出していません。


2015052220460000.jpg

多少重力に逆らっている感はありますが、いいですね!

先輩も歓喜のVサインです。(注文はしていません)

今回はここまでです。



次回はついにリバー鉄道本線1周開通予定です!

開通記念式典をやりたいです!!
スポンサーサイト



Posted on 2015/05/28 Thu. 20:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/956-9af7e5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ