FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

トミックスHOゲージ485系を上沼垂色に塗ったり4:ボディ加工1  

次にボディの加工です。


まず先頭車、国鉄時代の象徴の「JNR」のマークを削ります。

こちらNゲージならインレタでの表現になると思いますがさすがHOと言うべきか、ボディにモールドされて立体的な表現になっています。

消すにはナイフとサンディングで削りとるという方法。


NEC_0633.jpg


ついでに気になるパーティングラインを消しました。


2015031600330000.jpg



次に中間車の加工です。


2015030716550001.jpg

こちらの非常口は撤去されているとのことで再現します。

スジにはパテを詰めておきます。

ラッカーパテですので、ヒケることを想定して多めに盛りかなり時間が経ってから削りました。

ボディの微妙なRにもかかるので注意して削りました。


2015031513490000.jpg

いいですね!



次の加工はT13編成のひとつの特徴と言えるモハの側面妻板寄りにつく手すりです!



以前頂いた485系の食堂車に「それ」がついていますので、同じように作ります。


同じ形を作るなら、型を取って貼り付ける手法が使えます。

阪急6300系で使った手法です。


ボディのほうは、手すりがつく箇所に穴を大きめに開け貼り付けの準備をします。


2015031222050000.jpg

ド派手にぶち抜きましょう。


485syokudou.jpg

穴の内側を充分に荒らして食い付きをよくしましょう。


2015031523050000.jpg


2015031621360000.jpg

頑丈にするために裏からも盛っておきます。

1時間くらい経ったら型を外して確認します。


2015031621240000.jpg

いいですね!

ヒケがほとんどないポリパテですが、専用希釈剤のスチレンモノマーで少し使ったので万が一ヒケることを想定してしばらく置いてからサンディングをします。

また、しばらく置くことで完全に固まり固さも上がります。

完全に固まる前にサンディングをしたらすぐに目詰まりしてしまうのです。

切削可能時間は1時間後となっていますが、サンディングは24時間くらい置いてから行うようにしています。

1時間経って型から外したら、はみ出した箇所の修正などを行っておきます。

ナイフで削る作業はこの完全硬化前、1時間経ったくらいが一番やりやすいですので。


2015031523100001.jpg

その間に次の加工をしましょう。

ちょっと長くなったので一旦このへんで。



次回は難関の窓加工です!
スポンサーサイト



Posted on 2015/03/16 Mon. 22:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  485系  トミックス  上沼垂 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/924-178fb0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ