FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

木、木、木、木、木。  

ジオラマを作るには木は「ありすぎる」ことはないものです。

そのため、このたびウッドランドシーニックスの「幹だけ」の木をまた買ってしまいました!


2015030517220000.jpg

木の生産過程は今さらもう語ることもないのですが、記録として書き綴ります。


2015030517290000.jpg


2015030517430001.jpg

ゲート跡とイジェクトピンの跡、パーティングラインは同時に処理。

細くえぐることができるリューターのビットで縦に線をつけました。


2015030617450000.jpg

形を作ったら一次塗装。

色色々でも述べた「ちょっとだけ余っている色」を使ってブラウンを作りました。

スミ入れをすることを想定して少し明るめに作っておきましょう。


2015031020590000.jpg

色を塗ったら、パーティングラインの処理の到らない箇所がわかりやすくなります。

こちらは枝を捻った箇所。

パーティングラインがねじれているのがわかりますね。

コレも目立ちます。

こういう箇所はミニリューターで表面を荒らしてわからなくすると同時に木の枝のリアリティーを上げる施工をします。


2015031021020000.jpg

いいですね!


その後2次塗装です。

ちょっと色味の違う色にすることで単色でない自然な感じになると思います。

そしてスミ入れです。

必勝パターンのフラットブラックとレッドブラウンです。


2015031023360000.jpg

いいですね!


2015031023370001.jpg

ゆうゆう鉄道からフォーリッジクラスターをいただいてきました。

緑色と暗緑色です。


2015031023410000.jpg

当たり前ですが葉っぱは枝の先につきます。

木の枝の先にゴム系接着剤を塗りたくります。

糸をひいていますが気にしないで大丈夫です。


2015031023410001.jpg

フォーリッジクラスターをちぎって貼り付けます。

コツは枝の先端をちゃんと隠すことです。

枝に見合う大きさにちぎって貼りましょう。

もちろんひとつの木には同じ色のフォーリッジクラスターしか使いません。

貼り終わったら先ほどの糸がひいていたのを取り除いて完成です!

せっかく取り付けたフォーリッジクラスターを持っていってしまうこともあるので注意しながら取り除きましょう。


2015031023460000.jpg

いいですね!


2015031023480000.jpg

どんどん量産します。

集中的にやったらノイローゼになりそうなので1日1本3日で3本、毎日続けられればいいんですけど、イヤにはなりたくないので自分のペースで作っていきましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2015/03/12 Thu. 20:20 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/922-ece02baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ