FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

タミヤS13シルビアK's製作記5  

ボディ塗装が完全に乾いたら、次はマークを貼ります。

マークの上からトップコートをするのでこのタイミングの作業となります。



ボディにつくマークは5種類。

あろうことかブラックの帯の部分にまでマークを貼らなければなりません。


2014120621320000.jpg

貼る箇所にはあらかじめマークセッターを塗っておきます。

古いモデルのため、マークの糊が劣化しているかも知れないからです。

マークセッターには軟化剤と一緒に糊の成分も入っています。

ぬるま湯に浸し、30秒ほどで。


2014120621390000.jpg


2014121110000000.jpg

表面がツヤありで滑らかなため、ミリタリーモデルとは違いフィットはしやすいです。



一部のマークはパリパリになっていて触っただけで破れてしまい、ダメにしてしまいました。

よってストライプはありません。



そしてこの上からトップコートをするので、これまた完全に乾くまで1週間置きました。



トップコートはMr.スーパークリヤーを使います。

よく「デカールの上から吹くと侵します」とありますが、侵さずにやる方法もあります。

エアブラシがないと厳しいですが、「薄く何度も」です。

侵される前にシンナーが揮発してくれるくらいの薄い層を積み重ねていくのです。


2015_02110556.jpg

当然えらい時間がかかります。

トータル2日くらいかけて仕上げました。


そしてこれまたこのクリヤーが完全に乾くまで待ち、コンパウンドがけです。


完全に乾いた目安は人それぞれあるでしょうが、私の場合は時期(湿度温度)と時間、そしてニオイです笑


2015_02110557.jpg

表面がボコボコになるユズ肌は絶対に起こりますのでそれを平滑にするためのサンディングです。

まずは1500番、次に2000番、いずれも水研ぎ。

もっといってもいいですが私はサンディングはここまででコンパウンドに移行します。

タミヤの細目、仕上げ目の順番。


2015022323160000.jpg

15000番とかあるようです。

布でこすった傷を消せるようです。

いつか導入したいと思っています。


2015022323180000.jpg


2015022323170000.jpg

ピカピカツヤツヤになりました!

こうなってこそのカーモデルです!

よそのブログを見るともっとすごいツヤツヤに仕上がっているものがありますので、次を作るとしたらそれを目指しましょう。

デカールがパリパリで完璧な状態に仕上げるのが難しくなってしまったシルビアは、とりあえずウチにある道具で仕上げられる最高を目指すというところにとどめておきます。

明るいボディカラーですし、あまり磨きこんでもわかりにくいし…(よくない考えです)



さて、えらい時間をかけたこの工程。

この記事に載せている内容だけで2週間もかかってしまいました!

しかしコレが終わればあとは完成まで一気に進められます!

あと2回分くらいで完成させましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2015/02/24 Tue. 19:30 [edit]

category: プラモデル

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/917-b8a9bae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ