FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

東京堂の都営5200形製作記3:中間車の組み立て  

前回の中間車第1号のやり方では手間がかかりすぎました。

これからは「無理矢理」をキーワードに組み立てていきます。


2014122120160000.jpg

写真では分かりにくいですが、半田の流れと食い付きをよくするために1000番のペーパーで磨きフラックスを塗りまくりました。

ボディ内枠の歪みは無視。

位置だけ合わせたら、バネの強いヒートストッパーで無理矢理外板と密着させ、肩部分から半田を流し込みます。


2014122120380000.jpg


2014122714270000.jpg

とてもキレイに肩にハンダを流せました!


2014122714270001.jpg

肩をキレイにくっつけられたら裏から裾をハンダ付け。

イチョウマークの穴を使います。


2014122020150000.jpg

内板もヒートストッパーで押さえつけてハンダ付け。

薄い内枠の歪みは厚い外板と内板に負け、ほとんど気にならない平面になりました!

側面コルゲートが実物と同じように作用していると言えます。

ハイパワーの半田コテとフラックスのお陰でキレイに流し込むことができ、少しの隙間もありません。


2014121821350000.jpg

妻板も量産しました。

同じ寸法のハズですが、ボディと合体させたときに号車によって微妙に合い方が違うのはなぜだろう。


2015010300190000.jpg

やってしまいました。

M1とM2の外板をまさかの間違え。

側灯の位置が違うのです。

剥がそうにも強固に固定され不可能。

パンタ周り以外の相違点はないので、間違えてM2になってしまったM1は穴を埋めて対応。

M1になってしまったM2はパンタ台とランボードの加工が必要に。

無駄な工程を増やしてしまいました!!


2014122821480000.jpg

第1作の5202号よりも遥かに美しく組むことができました!

唯一の難点は、フラックスでベタベタになってしまっていること!

落とすのが面倒です!

そのかわりたぶん今までの真鍮キットで最強の接着ができました!



いいですね!

この経験を踏まえて編成の顔となる先頭車に取りかかりましょう!
スポンサーサイト



Posted on 2015/01/08 Thu. 19:00 [edit]

category: 東京都交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東京堂モデルカンパニー  都営5200形 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/896-505847a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ