FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

木、木、木。  

ウッドランドの木と中国製の木のグレードアップを同時に行っています。

わかってはいましたがノイローゼになりそうな地味な作業。

しかしそのお陰でレイアウトを彩るさまざまな木ができてきています。


2014112818160000.jpg


2つとして同じものはなく(似ているものはある)、大小種類も豊富。


2014112222000000.jpg


また新しく素材を買ってしまいました。

こちらはウッドランドの「ファインリーフフォーリッジ」という代物。

木のキットの枝よりも更に細かい枝と葉っぱがくっついているもので、ほどよいスカスカ感。

コイツ単体を小さな木として使うこともできます。


2014112222190000.jpg


木漏れ日は半端ないです!


2014112818180000.jpg


3種の木を比べるとわかりやすいですね。

このような明確な差ができてしまっては同じところに並べるのは躊躇してしまいます。

そこでこれらはレイアウトの中で配置を決めてしまいます。

ファインリーフを使った木はレイアウトの手前、もといレイアウトの外枠付近に設置して覗きこんだときの奥行きを感じやすいようにします。

1本だけ独立しているような木もこちらのほうがいいでしょう。

ウッドランドの木のキットそのままのヤツはトーマス周りの特に滝の山周辺。

「改:中国製の木」は賑やかしとして密林の中や隙間を埋める役割がいいでしょう。


2014112818250001.jpg

こちらはキットのみで構成された木を手前にした場合。

チラリと見えてこれはこれでいい気もしますが、せっかくですのでもうちょっと見えてもいいと思います。


2014112818230000.jpg

こちらはファインリーフフォーリッジをつけた木を手前に持ってきたパターンです。

いい具合のスカスカの枝の間から見える列車。

動いていればもっとよくわかります。

実際のレイアウトは視点を基準にこのような配置にするつもりです。

そうなると何種類かの木を作らなければならないので、また大変な作業になりますが、これをやる価値はあると思います。


ふと思いついたのですが…

ウチで全てやってもアレなんで、ゆうゆう鉄道に出張した際にやり方を教えながらみんなで作るのもアリですね!

木なら鉄道模型を触ったことがない人にも作れると思うのです。

みんなで作るゆうゆう鉄道、いいと思いますけどどうでしょう。
スポンサーサイト



Posted on 2014/11/28 Fri. 20:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/884-c38efb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ