FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

木、木。  

樹木製作キットを買ってしまいました!


2014_11100682.jpg


鋭意製作中ジオラマゆうゆう鉄道には当然のことながら大量の木が必要になります。

前回の遠征で山に完成樹木を取り付けてはみたものの全く足りず、山を覆い尽くすには更に100本近く使いそうな試算。

同じ完成樹木を100本集めると予算が吹き飛ぶし、かといって安価なものでクオリティは下げたくない。

また、完成樹木では枝の曲がりかたや色、パーティングラインやイジェクトピンの跡が気になってしまった。

緑がついてしまっているので処理にも限界があるし、じゃあ…ということで目を付けたのが完成樹木と同じメーカーの樹木キットです。


こちら製造はウッドランドシーニックス、カトーが再パッケージしたもので、36本で2080円(税抜)でした。

完成樹木では不可能な幹の塗装ができることを考えたらかなり私にピッタリなキットです!

これで手応えがあったらウッドランド純正の「幹だけ」で売っている2200円57本入りを購入します。

こちらの方が中間マージンが少ないぶん割安で、大量に木を必要とするレイアウトには向きます。


とにかく作ってみましょう!


2014_11100683.jpg


内容は、ランナーについたままの木の幹、明緑色・緑色・暗緑色の各フォーリッジ。


2014_11100684.jpg

木の枝のような立体物を金型で起こすのはコストがかかりすぎるし無個性になりがちなので、このような平面で型を抜きユーザーの手によって好きな方向に曲げられるようにすればどちらの問題も解決できます。

私のようなヘビーユーザーのニーズにも答えられます。

ウッドランドの判断は正しいと思います。



まずはパーティングラインとイジェクトピンの跡を消します。


2014_11100795.jpg

こちらのように出っ張っているならナイフで削りながらスジ彫りの要領で幹っぽく仕上げればいいですが、へこんでいるものはパテを盛って整形となります。


2014_11100799.jpg


2014_11100800.jpg

ラッカーパテは盛っているそばから乾燥してくるので、それがガビガビの表面となりヘタすればそのあとの処理をすることなく次のステップに行けるのではないかと思います。

むしろそれを狙って盛りましょうか。


パーティングラインは普通に削りますが、プラモデルと違ってキレイに仕上げる必要はないので作業内容としては楽だと思います。

しかし削りかたにセンスは問われますね。

ガビガビさせて幹の表面みたいにできればOK。


2014_11100803.jpg


ここまで処理できたら次は木の形を作っていきます。

幹の素材は手で簡単に曲げられるくらい軟らかいプラでできています。

この性質を利用して好きな形にしていくのです。

幹の曲げは、とにかく感性に任せて…といった感じです。

ただ、自然な枝に見えるように曲げかたには決めごとをしています。

キレイなカーブを描こうと思わずに、カクカクと曲げるのです。

それには手でやるよりラジオペンチを使った方がいいですね。

簡単にカクカクさせることができます。


2014_11100686.jpg

いいですね!


次に塗装です。

ちょっと試験的な要素も持たせたく、3種類のベースカラーで作ってみます。


2014_11100807.jpg


左からタミヤアクリルフラットアース、Mr.カラーウッドブラウン、Mr.カラーレッドブラウン、無塗装(この写真用)。


幹の単色塗装だけでは完成品の木に施したものと一緒。

今回せっかくちゃんと塗装できるので、表情豊かな色をつけようと思います。

茶色系の明るい色のドライブラシと、レッドブラウン+フラットブラックでのウォッシングを施しました。

部分的にうっすらとグリーンも乗せました。


幹の色はここで完成しておかないと葉っぱをつけたあとでは手が出せなくなります。

最後にツヤ消しをササッと。


2014_11100810.jpg


2014_11100808.jpg


2014_11100809.jpg


2014_11100812.jpg

いいですね!

次に葉っぱです。


ゴム系接着剤を景気よくつけ、フォーリッジをまぶします。


2014_11100814.jpg

☆ウッドブラウンベース
2014_11100818.jpg

☆レッドブラウンベース
2014_11100816.jpg

☆フラットアースベース
2014_11100815.jpg


いいですね!

どれか1つを決めるつもりで3色のベースでやってみましたが、どれもいいですね!

木の個性を出すためにこの3色のベースをうまいこと折り混ぜながら大量生産しようと思います!

ちなみに葉っぱの色は植樹したあとに全体のバランスを見ながら整えます。


しかし手間がかかりすぎますね~!

どのくらいのペースで仕上げられるのか。

ゆうゆう鉄道全体で300本以上使いそうな感じですから…
スポンサーサイト



Posted on 2014/11/16 Sun. 10:30 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  ジオラマ  樹木  ウッドランドシーニックス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/877-4bfa3e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ