FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

クロスポイント東武2000系修繕・改造5  

慢性副鼻腔炎手術の止血用のガーゼを抜きました。

ガーゼが次から次へと、ワシゃマジシャンかと思うくらい鼻から出てくるのはほんの少し快感でした。

まだガーゼは鼻の中に残ってます。





さて、床板を組んでいきます。

半ば破壊に近いかたちで分離された床板と床下機器。

座席板と床板は先頭車のみを分離しました。

ライト点灯化のための集電板を仕込まなければならないのです。


2014091314370000.jpg

こちらに集電板の「逃げ」を作らないと集電板の厚みの分だけボディが浮き上がることになります。

600形のときのようにヤスリで地道に削るのもいいですが、せっかくフライス盤を覚えたのでフライスで削ってみることにしました。

私が使っているマイエンドミルは直径6mmなのでちょうどいいのです。

直径6mmということは6mm幅の溝が掘れるということです。

16mm幅の床板に対して両サイドを1mm、両溝6mm、センター2mmでちょうどいいのです。

集電板の幅もmmですので、ギリギリすぎず本当にちょうどいいのです。


2014091318210000.jpg


キレイに溝が掘れました!

ただ、しっかりクランプできる構造ではないゆえに弾かれて一部破損してしまいました。

しかし1時間かかっていた溝掘りが5分でできたというのはデカイですよ。

この加工をするたんびに軽い腱鞘炎になっていた悩みも解決。


2014091318230000.jpg


いいですね!

歪んでいた床板ですのでキレイな仕上がりは無理。

表から見たときにキレイならヨシとします。

一部失敗して貫通してしまいましたがなんとかして埋めます。


2014091600140000.jpg


集電板が上下にストロークするための加工を施しました。

これはミニリューターによる切り込みと地道な削り作業。


2014091321250000.jpg


集電板は床板の形状に合わせて段をつけて曲げました。

一番先端は給電バネに当たる部分。


2014091321030001.jpg


ただの板のほうは集電パーツが通る穴をあけます。


2014091600170000.jpg

ウエイトは20m用を切って中に入れます。

18m用を切ると短くなりすぎるのです。

集電板がついている床板側にウエイトを接着します。
こうしておけば確実な絶縁を目視確認できます。


2枚の床板を合わせましょう。


2014092015220000.jpg


いいですね!

溝にキレイにハマりました!

気持ちいいです!



中間車は分離などしていないので、床下機器に移りましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2014/09/25 Thu. 20:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武2000系  クロスポイント 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/851-084abcda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ