FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

京阪9000系修繕記録1  

作業順番改変申請に伴い1年7ヶ月ぶりの同シリーズです!


前回2012年12月5日の記事では不具合箇所の確認でした。

今一度修繕内容の確認をしておきましょう。

・ライト超小型化(急行灯も点灯)
・屋根変形修正&塗装修正・足りないパーツをなんとかする
・動力トミックス化(18m化改造)
・床下機器リアル化(複製HS-20コンプ使用)
・車号修正



です。

どこかで聞いたような内容ばかりですが、種車が違えば内容も変わります。

ウチで手掛けるものはすべてオンリーワンなのです。




まずは屋根からやっていきましょう。


2014_04120471.jpg

接着剤のはみ出しも目立ちますが、この部分は私がやったわけではありません。

これの修正と先頭の屋根変形の修正に伴い、編成の統一感を出すためにすべて塗装を落としてやり直しとします。


それにしても10年前の塗装済みキットとはいえ屋根の塗装はしてありませんでしたかね、なんだか変ですねぇ。

ユーザー塗装のようなできばえでした。


2014_04120475.jpg

いとも簡単に塗装は剥がれました。


2014070417050000.jpg


形の修正は至って簡単な工程。

ヘコミ部分にパテを盛ってサンディングで均すのです。


2014070421550000.jpg


削るのがキライな私には苦行ですが、これくらいなら耐えられます。

ヘッドライトの上と、付けすぎた接着剤のせいで変形している数枚を修正。


2014071511080000.jpg


屋根の色はGM9番グレーとしました。


2014071511100000.jpg

ヘコミ修正もバッチリです。


クーラーなど屋上機器はGM14番グレー。


2014071511110000.jpg

屋根とともにツヤ消しを吹き屋根の処置は完了です。


屋根と車体、クーラーは先頭車以外この段階で組み立て。


2014071511170000.jpg


2014071512540000.jpg

上のほうの写真と比べると雲泥の差です。


さて、足りないパーツの確認です。


2014071513170000.jpg

ボックス類は3両分、避雷器は1つ。

ヒューズボックスや避雷器などの屋上機器パーツは私が見てきた中では余ることが多いランナーの構成ですが、こちら9000系の屋上機器パーツはピッタリ余剰なしでランナーが構成されてるので余剰パーツでどうにかすることはできません。

パンタ車のランナーを1つだけ買って避雷器は複製で何とかしてみようと思います。

買いに行きましょう。


その間に床板側も修繕。


2014071513140000.jpg

ポロポロ分解されてしまう床板まわりは強力に固定。

もう分解されることはないでしょう。

キレイな感じに塗られている室内はそのままにしておきます。



次回は屋上機器の仕上げまで持って行きます。
スポンサーサイト



Posted on 2014/07/15 Tue. 20:00 [edit]

category: 京阪電気鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京阪9000系  グリーンマックス  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/814-a77be60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ