FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

GM京急600形大修繕記録18~ライト超小型化2~  

スイッチ機構もできたことですし604Fはいよいよ大詰め、あとはライト改造をすれば完成となります!


2014062818040000.jpg


先頭は旧式ライトユニットのためのスペースで充分広く切り取られているので新型ライトケースも問題なく取り付けられます。

京成3700形のときのようなオデコ両脇ライトは、1灯のためだけに独立したライトケースが必要になります。




構造は簡単ですが、光漏れや偏向があってはならないので前面ガラスとの接合面は気を使います。

複雑なRなので、削りがヘタクソだとうまくフィットしません。


2014062413070000.jpg


ヘッドライト2灯の各ケースは後藤真希くらい離れているので車体側面にかなり迫りますね。

結果、ライトケースの壁1つは無しとしました。

無しとなった壁の遮光はボディに機能を持たせるか、はたまた205系の室内灯の残りのアルミテープを使用しようと思っています。


次に遮光塗装です。

エナメル塗料ではあとで固定に使用するゴム系接着剤が溶かしてしまうのでラッカー系塗料で塗装します。

Mr.カラーのことです。


2014062822570000.jpg


幕部分は今まで使っていたものを再利用したかったのですがスモークを貼り替えたいので丸々交換としました。

旧式のライトユニットに対応させるためにスモークの一部を黒く塗りつぶしてしまったのです。

これでは見た目にもよくありません


2014062820570000.jpg


ずっととってあった京急600形・1500形用の旧タイプのステッカーです。

剥がして残ったステッカーの糊はコンパウンドで研磨してピカピカにし、貼り付けていきます。


2014062818160000.jpg

☆左、一部が黒く塗りつぶされたスモーク。右、そのままのスモーク。
2014062820470000.jpg


もう少し大きなサイズならエアブラシで表現できたかも知れません。


ライトケースはなかなかいい大きさにできたと思います。

幕部分に隠れたので合格。

☆幕部分の点灯化もしたくなったらできるようにしておきました
2014070111320000.jpg


ゴム系接着剤で前面ガラスとくっつけます。

少し多めに付けて外側にはみ出させます。

はみ出すくらい接着剤を回せばガラスパーツとライトケースの隙間にも多少の凹凸があっても埋めてくれます。

ポリデントのCMをイメージしてください(笑)

前から見ながら位置を合わせます。

接着剤が乾いたら周りをMr.カラーの黒で塗って接着面からの光漏れも完全にブロックします。


2014070113480000.jpg


車体側の準備は整いました!

次はライトユニットを作りましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2014/07/04 Fri. 19:53 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京急600形  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/809-be4e6cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ