FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

ジオラマ「ゆうゆう鉄道」建設プロジェクト7  

第7回遠征です!

今回は山のフタと整形、直線を固定して勾配~ループ線の開通、プラスター塗りテストを予定しています。



山にフタをするにはループ線と直線を開通させなければなりません。

すなわち直線区間の位置の確定が必要になります。


フレキシブルレールの接続がどうもうまくいかずヘンリーをバックさせたら脱線します。

確かにヘンリーの第三動輪の横圧は強いですが、それでもなぁ。

しょうがないのでトミックスレールを間に入れてリスクを回避。


2014051614510000.jpg


ハンダ付けで繋げて繋ぎ目を均しました。


2014051614510001.jpg


後輩が先日の6050系を持ってきてくれたのでテストします。


2014051615000000.jpg

左のほうに撤去されたフレキシブルレールがありますね。


2014051614580000.jpg


いいですね!

6050系は山が似合います!

私も手持ちの模型を走らせたくなってきました!


アーチの直線~ループ線の調整が済めばいよいよ山にフタができます。


2014051618540001.jpg

もうこの感じは二度と見ることができなくなります。


2014051618550000.jpg


世紀の瞬間です!


2014051618550001.jpg

山のフタが閉じられました!

最近で例えれば205系の顔を取り付けたときに近い感動です!


あ、ウエスタンリバー鉄道の恐竜のところは設置済みです。

写真を忘れてしまいました。

次回撮っておきます。



直線が固定できたということでそこまで通じるレールも固定。

レールに色を塗りました。


2014051617080000.jpg

トミックスレールでもコレをすることで見た目をだいぶ良くすることができます。

色はマホガニーと黒鉄色を1:1で調合、フレキシブルレールあれこれで使った色と一緒です!

このへんの塗装は後輩に一任しました!


そのあとにこの勾配にバラストを撒きました。

それも後輩に一任しました!


2014051617100000.jpg


山のほうは新しいアイテムの登場です。

ノッホ社のコルクロックです。

ロックフェイスと呼ぶ人もいます。

コルクの樹皮なんですが、表面の形を生かして岩肌の表現に使われます。


2014051617200000.jpg


滝の両サイドに配置して引き立てます。

もちろんあとから塗装など処理を施します。


山の頂上付近の整形の検討をするために、一部分のみプラスターを塗ってみることにしました。


2014051619260000.jpg

それに先駆けて山肌をゴツゴツした感じにするためにちぎったスタイロフォームを配置してみました。


2014051619410000.jpg

恐竜のところを作ったときと同じように墨汁を足した調合でプラスターを作り塗っていきます。

真っ青だった山肌が土色になり、またスタイロフォームの段差の繋ぎ目も消え、かなりいい感じですね!


検討の結果プラスターでかなり盛ることができるとわかったので、今後の整形はざっくりとした感じで進めていきます。



今回はそんなとこです!
スポンサーサイト



Posted on 2014/05/21 Wed. 19:30 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/789-2fe3745b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ