FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

HOゲージJR205系横浜線製作記22~Tc204-15と遮光調整~  

Tc205-15で得たデータをもとに整合性を上げたり工程を見直したりしてTc204-15号を作っていきます。


2014051713530000.jpg


ライトケースは申し分ない性能でしたのでそのまま。

☆仮組みで確認
2014051715460000.jpg


☆超小型ライトユニットパーツセット
2014051716570001.jpg



2014051716540000.jpg


ライトユニットは配線の長さを調整。

☆仮組みで確認
2014051717020000.jpg


2014051721110000.jpg



2014051900350000.jpg


ちゃんと対策したつもりでしたが、整合性は悪かったです(;o;)

また苦労するハメに。


2014051910380000.jpg


これでTc204-15号も205系になりました!



では乗務員室仕切りを取り付けて遮光の調整を行います。

ライト点灯化とは、ただライトを光らせればいいってもんじゃない。

光ってはいけないところはちゃんと施しをしてやってメリハリをつけてこそ美しいライティングとなるのです。

今回の205系は室内灯を仕込んでいるので、この光が乗務員室に流れ込まないようにしっかり壁を作ってやる必要があります!


乗務員室仕切りを側面に接着してしまえば簡単ですが、ボディを床板に取り付けるのはツメによるものなので少し横に広がるようにしてやらないといけないのです。

厄介なことに取り付けツメは乗務員室仕切りの真下に位置しているので側面に仕切りを接着すると脱着が不可能になる可能性があるのです。


アングルで仕切りを包み込むようにします。

それがこちらのパーツ。


2014051914510000.jpg


これがスキマの遮光をしてくれます。

目立たないように色も塗りました。


2014051914590000.jpg

この写真でもわかりますが、乗務員室の床の四角いパーツを撤去した分の高さを確保するため仕切りの下のほうにプラ棒を取り付け。


2014051920110000.jpg

床板も一部を切り取って変なスキマができにくいようにしました。


2014051920120000.jpg


では床板と合体させてテストをします!


2014051917150000.jpg


いいですね!

完全に遮光するのは無理ですが、仕切りの窓からも光が入るので気になりません。

これでライティングの加工はほぼ完了。



次回はスカートなど細かいパーツをいじっていきます。
スポンサーサイト



Posted on 2014/05/19 Mon. 20:20 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線  アクラス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/788-5581d0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ