FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

HOゲージJR205系横浜線製作記15~試作~  

この時点で15回ですか。

30回には間に合いそうです。



他の7両をやっている間に先に塗装されたM205-43号は試験的にどんどん組み立てをしていきます。

初めてのHOゲージとあって色々研究してイメージを固めてから取り掛かりたいのです。

塗装後の組み立ての段階で「ああしておけばよかった…」だとか「アレはここまでやらなくてもいいのか…」という反省が生まれることもあるのです。


2014031620330000.jpg


室内のアイボリーを筆塗りで復活させたら、バラバラになっている窓を1枚1枚取り付けていきます。

全部接着剤でくっつける必要がありました。


2014031912320000.jpg


優先席マークは貼り付け済みでした。


2014031912340000.jpg


あぁ…205系になってゆく。

ドアのガラスは大きい窓として作られていますが、小さい窓のドアパーツがペラペラなので気になりません。


2014032211100000.jpg

貫通扉のガラスはパーツがなかったので塩ビ板で。


2014032211120000.jpg


あぁ…


2014032211090000.jpg



屋根をつけたら室内灯を取り付けます。

室内灯ユニットはIMON製のものを用意しました。


2014032011520000.jpg


ムラのない良い光とチラツキ防止回路に惚れました。



2014032010440000.jpg


給電方法は床板を組む段階で考えてありました。

給電パーツもオリジナルで、外から見てもあまりそれが目立たないような取り回しをしています。

つけはずしに少しコツがいるようになりますが問題ないレベルのハズです。



このコンデンサーの置き場に苦労しました。

取ってしまっても点灯はするのですが、このコンデンサーこそチラツキ防止回路の要ですので。


2014032211120001.jpg


いいですね!

床板と合体したら…


2014032211180000.jpg


完全に205系です!

ライトはどうでしょう。


2014032211210000.jpg

いいですね!

車端部が少し光が強い気がしますので調整が必要ですね。

光源が「ない」側が強いのは今まで見てきた室内灯と逆です。


2014032011220000.jpg

もう少し明るくてもいいのかなとも思いますが、自然ではあると思います。

ちなみにこの写真はうまく光り具合を表現できていません。

肉眼で見た感じははもうちっと暗いです。

壁面や屋根の遮光塗装は成功しています!




で、この1両を組み立てていて感じたことは

・シルバーを吹く手前で室内のアイボリーを復活させよう
・ベンチレータの穴を遮光しないと(完全に忘れてた)
・給電パーツの形状考え直そう
・屋根の仕上がりが美しい
・あの部分カットしなくてもよかったわ
・室内灯の支持のしかたを考え直そう
・色のバランスはなかなか
・シルバーかっこよすぎ
・205系かっこよすぎ
・椅子もフカフカだし
・ヒジつくとこあるし
・なくなってほしくない



です。
スポンサーサイト



Posted on 2014/03/22 Sat. 11:35 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/760-b1ba188f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ