FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

ジオラマ「ゆうゆう鉄道」建設プロジェクト4  

第4回遠征です。

今回はループ線の設置、出口の固定式線路化、山1段目固定、ケガキ、各種寸法の確認です。

☆クリックしてね
Loop1.jpg


運搬が一番の山場です。

すでに無理な力のかかっているループ線ですのでちょっとした衝撃で「バキッ」といってしまうかも知れません。


Loop2.jpg


さようなら。

もう二度と車両センターには来ないんだね。








なんとか無事に到着できました!


2014020615020000.jpg


前回までの山の姿。

ここにループ線が敷かれれば表情がガラッと変わるはずです!


2014020615580000.jpg


出口セクションは難なく取り付けられました。

クギで固定してレール上面を研いて完了!

しかし、ジョイントが悪いせいか後進運転時に脱線するという体たらく。

レールをうまく曲げて脱線率が低くはなりましたが、たまに脱線しやがるので対策を考えないとなりませんね。

有力な対策案は「護輪軌条」の設置です。

それは次回以降。



さて、ループ線の登場です!

想定はしていましたがうまくハマらない!

探った結果、短いほうのベースボードが意外と山に干渉していたことが原因。

干渉部分を切り取ったらなんとかハマりました!


2014020700410000.jpg


では支柱を立てます。


2014020700400001.jpg


支柱はキレイに地面と平行に切られたベニヤ板。

レールのベースボードはカントのヒネリから元に戻ろうとする力がかかっていてベースボードのほうが少し歪んでいます。

キレイな平行に切られたベニヤ板に固定すれば、その歪みも矯正できるという算段です。


2014020711500001.jpg


トンネルの中に1つ、鉄橋部分の両端に1つずつの計3本。


この時点で強度試験をしてみます。

重い列車を走らせてベニヤ板がどれだけひしゃげるか確認します。

重い列車といえばやはり真鍮製のものでしょう。

実はペアーハンズの東武20050系を修繕目的で預かっています。


2014020623270000.jpg


私が作ったもので、以前製作記を紹介した21854Fとは違うもの。

詳しくはそのうち。


2014020623250001.jpg


全然大丈夫ですね!

ちなみに真鍮製のこちらの20050系はスムーズにこのループ線を登ることはできませんでした。


2014020711520000.jpg


ほんの少しだけたわむ箇所があるので支柱を2箇所増やしました。

これで万全です!

ヘンリーを走らせてみましょう。


2014020713420000.jpg


いいですね!


2014020713420002.jpg


カントがカッコいいですね!


2014020716150000.jpg


レールが固定できたので隙間をスタイロフォームで埋めました。


2014020615370000.jpg


リバー鉄道のレールのクリアランスの確認をして今回の遠征は終了です!
スポンサーサイト



Posted on 2014/02/14 Fri. 19:30 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  ジオラマ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/747-45e9ee1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ