FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

HOゲージJR205系横浜線製作記12~ボディ塗装ライトグリーン~  

言い忘れましたが、顔パーツは別々に塗装や組み立てがされ、最後に合体されます。

だから今はまだ205系っぽくはないですね。

☆カオナシクハ204-15号
2014021217350000.jpg

☆顔はまだここ
2014021217360000.jpg


グリーンが乾いたらホコリがついた箇所を磨きます。

光沢仕上げを考えると1500番くらいが適当。



あるわあるわ、ホコリ。

平面に気をつけながらポリッシャーで磨いていきます。


2014021217370000.jpg


ガキの頃は「つけてはいけない」と思い込んでいたホコリ問題が、時間が経って「つくのは仕方ない、あとで処理すればいい」に切り替わったときはどんなに気が楽になったか。

しかもツヤ消し仕上げにする箇所ならちょっとくらい平面が出ていなくてもわからなくなる場合もあるので、アバウトでOKな場合まであります。

205系の場合は屋根くらいしかありませんけど。




帯の部分だけ塗り直したらマスキングしてライトグリーンを塗りましょう。


2014021216450000.jpg


グリーンのマスキングは1mm。

モールドの関係で側面の帯の太さは決まっているので、グリーンの太さはライトグリーンの太さにも影響します。

モールドは3.5mmくらいの幅、グリーンを1mmにするのでライトグリーンは2.5mm幅ですね!

こちらは東急8590系用に購入したクレオスの細切りマスキングシート。

長さを測って切って一気に同じ長さの1mmマスキングテープにできるのが魅力です。


2014021217010000.jpg


2014021217240000.jpg


ライトグリーンは実質メッキシルバーnextの直近の下地になるので気を使います。

ライトグリーンの色味でメッキシルバーの色も変わります。


表に出る帯の部分はもちろんですが、メッキシルバーnextの下地になる部分は平滑度を気にしないといけません。

このライトグリーンの塗装が全体の出来を大きく左右します!

こういう重要な塗装の直前には必ず掃除をします。

ホコリ対策も当然ですが、こういった心掛けを常に持つことで塗装の神様も微笑んでくれるハズなのです。

今記事を打ってて口をついて出たけど、塗装の神様っているのかなぁ。

塗装の神様を祀っている神社があれば行ってみたいです。

あるのかな、教えて銀太郎!



そういうのいいですね!


2014021217240001.jpg

ライトグリーンが乗せられました。

205系で「みどりの山手線」をやったらだいたいこんな感じなのでしょう。

☆肉眼で見る色合いと違う…
2014021217410000.jpg

光沢具合も増しました。

いいですね!



ウチのブログで登場頻度No.1の言葉です。

いいですね!

ポジティブで前向きな言葉。

最近見ないエドはるみさんのギャグ「グゥ~」も前向きな意味合いを含んでいるとのこと。

おもしろいかどうかは別として、前向きな言葉を押すってポリシーは共感できます。



ちなみにこのブログで今後絶対に使われないであろう言葉は

「ルネッサ~ンス!」だと思います。
スポンサーサイト



Posted on 2014/02/12 Wed. 19:30 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/745-bb1c3a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ