FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

フレキシブルレールあれこれ7  


yukitokyo.jpg


東京は10数年ぶりの大雪ですか。

自転車のサドルに積もった雪が積雪の多さをわかりやすく伝えてくれます。

こんな日は家から一歩も出ずにのんびり模型でも作っていたほうが安全です。





さて、次に切り出すセクションは複合カーブ、且つ寸法の狂いが許されないセクション。

複合カーブの途中で上を走るトーマスの高架の下をくぐるからです。

そのくぐる場所というのがアーチになっていて、接触限界ギリギリなんです。


正確さが求められるので気合いを入れて製作します。


2014012216320000.jpg

配線の確認です。


2014012216430000.jpg


ベースボードへのケガキは製図さながら。

設計や海図で使ってる三角定規を使用して正確にけがきます。

ここへきて製図の道具が活躍しています。

京急600形では雲形定規も登場しましたね。


こちらのレールは45度単位なので三角定規の45度を使えて便利。


2014012813440000.jpg

できました!


色んな線が描いてあります。

これはこのベニヤ板を最大限活用するための他のセクション。


トーマスのトンネル入り口と出口もここから持っていかれます。

トーマスのトンネル入り口はループへのアプローチになります。

さらに先日の遠征でトンネル入り口を枕木方向に34mmずらすことになったのでこれの対応もします。

34mmというのはトミックスレールでは再現できないのでフレキシブルレールを使うことになります。


2014012814240000.jpg


切り出しました。

寸法は完璧。


2014012814420000.jpg

トーマストンネル出口も切り出せました。

本来ループ線のすぐ外側を走る配線でしたが、あまりにも近すぎるために少しだけ外側にずらすことにしました。(無許可)



次はこれらに線路を固定していきます。


2014012910530000.jpg


弾性のあるレールをカーブ状で固定するには力の強いクリップが活躍。

3箇所ある直線でそれぞれ固定し複合カーブは完成となります。

直線1箇所ずつクリップで挟み1日かけて固定していきます。


2014020300110001.jpg


ウエスタンリバー鉄道側では初めてのカーブの製作となります。

複合カーブのそれぞれにカントをつけました。

本物のウエスタンリバー鉄道にはおそらくないと思われるカントですが、この複合カーブは西部の荒野セクションの先にあるのでスピードにのっている状態で突っ込む想定をしています。

斜めになりながらアーチをくぐっていく姿はかっこいいハズです!


2014020815390000.jpg

いいですね!



2014020300100000.jpg

トーマス側はループ線と作り方は一緒。

次の遠征ではループ線を開通させてしまいたいので順序よく手際よくやっていきます。


2014012820290000.jpg

こちらは直線とループの接続部分。

ループへのアプローチと34mmずらすという、寸法に関する条件が厳しく設けられるセクション。

今回はコレは仕上げずにケガキの状態で持って行きます。

ループ線もおそらく想定どおりに取り付けられないでしょうから、実際にループを取り付けてから現物合わせでケガキを修正しそれに合わせて線路を取り付ける算段です。


2014012820290001.jpg


次は塗装です!
スポンサーサイト



Posted on 2014/02/09 Sun. 11:00 [edit]

category: ジオラマ

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 鉄道模型  ジオラマ  フレキシブルレール 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/743-27c232b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ