FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

アクラス製HOゲージJR205系横浜線製作記10~ボディ塗装1~  

「「ボディ塗装」はパート4くらいで終わらせてえなぁ。」



と、まだ塗装に全然届かない工程をやりながら考えていました。

しかしそういう時に限って新たな試みにチャレンジしたくなったり、ひと手間加えたくなったりするモンです。

かくいう205系もそのひとつ。


2014010411070001.jpg


HOであることを除いても、2種類のシルバーを使ったり隣り合った2色の帯だったりと特筆すべき点があります。




今回はメッキシルバーnextを使用予定ですが、下地が梨地となっていますのでそれの処理も課題に入ります。

4回で終わるかなぁ。






では取りかかります。

ピカピカに洗浄したあとにドアパーツ対策でプライマーを吹き付け。

ボディ外側の塗装に取り掛かる前に内側も塗装。

室内灯対策として遮光塗装をしたあとに、客席はアイボリー、乗務員室はライトグリーンに塗っておきました。


2014011123210000.jpg


裏は簡単ですが難題は外側です。

メッキシルバーを使用予定なので下地を整えないといけません。

全体的にツルツルではなく梨地のボディには、まずは初めて使用するMr.サーフェーサー1500を吹きました。


2014011123220000.jpg


見た感じはサラサラしていて滑らかですが、光沢を出せる表面ではないのでここでMr.スーパークリヤーを吹きました。

コレで表面の具合がわかります。

ワザと少し厚塗りして梨地をぼかし、少しでも平滑に近付けてメッキシルバーnextの効果をできるだけ強く発揮できるようにします。


2014011212330000.jpg

1回じゃ全然です。


2014011213090000.jpg

2回でやっと変化が見えてきた。


2014011213100000.jpg

3回でまぁまぁの下地になってきました。

上にグリーンの光沢塗装をすることを考えれば、これくらいで色の塗装に入ってもいいかと思います。


2014011213120001.jpg


こちらは余ったパーツを使ったテストピース。

本番を想定してサフとスーパークリヤーを塗り重ね、どのような仕上がりになるのかをテストしました。

東武10000系東急8590系のときのようなテカテカにはできませんが、充分変化がつけられると思います!
スポンサーサイト



Posted on 2014/01/12 Sun. 13:29 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  JR205系  横浜線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/725-8f6874e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ