FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

GM京急600形大修繕記録6~塗装2~  

キレイなアイボリーが塗れたら、次は京急の象徴と言える赤を塗ります。

実験的な要素も含まれているので、今回はこの604-7号でいい方法を探っていきたいと思います。



2013122714250001.jpg


600形のようにビートがない車体のマスキングは気を使います。

基準となるものがないのでまっすぐ線を引くのが難しいのです。

さらにマスキングテープの端はキレイに直角を出さなければなりません。

妻面にアイボリー部分は回っていないので、側面の端でピシッとキレイに止まらなければならないのです。



こういうときは以前購入したカッティングマットが便利です。

マスキングテープをコレに一度貼って白い線に沿って切れば直角が出せます。

もちろんこの時点で白い線からズレてしまったらダメ。

マスキングテープの性能を落とさないようにマットを水洗いしてから挑みます。


2013122714510000.jpg



車体全長にピッタリ合わせて切るのはしんどいので左右2分割、6mmテープを使って上下2段にしました。

アイボリーの塗り分けがドアのモールドにかかっている部分とかかっていない部分があるので、モールドとより密着させるための措置です。

下半分はドアの段差があります。

上半分は塗り分けがドアにかかっておらず平面に貼ることになります。

上下で長さが変わってしまうことになるので2分割が有効なのです。


2013122714590000.jpg


貫通扉もアイボリーを残します。


2013122715080000.jpg


この赤はスペシャルブレンドです。

GMの京急バーミリオンは色が軽すぎるので、もう少し上品さを加えるためにマルーンをブレンドして落ち着いた色合いにしました。


2013122715480000.jpg


どうでしょう!



塗り重ねること6回。


2013122716240000.jpg

塗りながら色の調整も行いました。

そのため少しだけ厚塗りにはなりましたが、きれいな赤になりました!

今回は試験ということでどのような仕上がりになったかマスキングを剥がしてしまいます。


2013122716250000.jpg


2013122716260000.jpg


おお~

いいですね!

上品な赤です!


2013122716310000.jpg

細かい部分はあとでリタッチします。


2013122716270000.jpg

ムラが消えた!

いいですね!

これで方法が確立されたので同じようにあと7両こなしていきます!
スポンサーサイト



Posted on 2013/12/27 Fri. 19:30 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京急600形  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/719-1fd60efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ