FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

GM京急600形大修繕記録4~ライトケース~  

ライトケースを作ります!


こちらの600形はもともとライト点灯機能はつけていましたがまだ技術も未熟でドでかいライトケースが鎮座していました。

最新の超小型ライトに取り替えることで運転席再現つまり見栄えアップ、照度アップ、急行灯点灯が叶います。(常点灯はもともとあった)

もっと言えばスイッチもつける予定。


KQ600配線


配置はこんな感じ。

4灯セパレートされていて配線が最も複雑なパターン。

近いもので最近の阪急6300系列がありますが、あちらは大きなヘッドライトLED1つで2灯を光らせていました。

こちらは1つでは無理なので小さいのを2つ使用、全部で6つ使います。

6つ使用は初めてです。

これに抵抗器が加わるので電装部品は7つ!

大所帯ですね!

うまく隠すことができるでしょうか。



テールライトと急行灯はよく見かける横並びヘッド・テールライトと同じように作ればOKなのですが、急行灯は端に寄せられたように狭い範囲でしか光らないのでバランスをうまく取る必要があります。

ヘッドライトはRのついたデコについているので光軸に注意ですね。

以前の京成3700形より難しいです。


2013120215280000.jpg


いつものように段差をつけて遮光しやすくします。


2013120217050000.jpg


使用するのはエバーグリーンやプラストラクトのプラ棒。

この5mm×4mmの中に12個ものパーツが組み合わせられています。


2013120220130000.jpg


できました!

寸法なんてほとんど測っていないので全部微妙に形が違いますがそこはご愛嬌。
流し込み接着剤でガチガチに固めたらボディに取り付けます。



一体型ボディはこの作業がしんどい。

板キットのほうがこの作業はやりやすいです。

完璧な状態にしやすいのは、板キットのほうです。

このあとの遮光塗装も板キットのほうがやりやすいですね!


2013120220370000.jpg


こちらはボディに付く側です。

前面の丸みに合わせてRをつけます。

真ん中の薄い仕切りは急行灯とテールライトの境目。

表に出る部分となります。


2013120220270000.jpg


ちょっとした隙間も許されないので流し込み接着剤でがっちり隙間を埋めます。


2013120220310000.jpg

できました!


2013120220520000.jpg


前から見たら何も見えませんね。


2013120220530000.jpg


ちゃんとありますよ!





遮光塗装はいつものようにブラックonシルバーですがブラックには今回からは高い隠蔽力を誇るウィノーブラックを使用します。

ツヤありブラックと見てくれは全く変わりません。


2013120319450000.jpg


いいですね!

この作業の真価を発揮するのはもっとずっとあとです。


600形は前面窓がでかいから斜め45度から見たら遮光ケースや給電バネは丸見えです。

今後も「見える場所」って意識で作業しないといけませんね!
スポンサーサイト



Posted on 2013/12/03 Tue. 20:17 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  京急600形 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/707-b5791e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ