FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

GM京急600形大修繕記録1  

京急600形の修繕内容が確定しました!



・ライト超小型化、乗務員室再現
・台車TH600化
・集電機構とりかえ
・動力トミックス化
・改番607F→604F、ついでに塗装しなおし

大工事ですね!

特に塗装済みキットの塗装にケチをつけて塗り直すというのは目が肥えてきた故の施工です。

私が納得したものは当然この頃の塗装済みキット(品番1005)を凌駕する出来になります。


2013092120360000.jpg


窓の縁を見てください。

黒い塗装が凸部からはみ出しています。


2013091415570001.jpg


こちらはアイボリー塗装が足りずにムラになっています。

一気に厚く塗ると表面張力でこうなります。


2013091415580001.jpg

ホコリが混入しています…


2013091610020000.jpg


ヒビが入ったようなキズみたいな模様が各所に見られます。

戸袋窓に多く、原因は不明です。

この模様は依頼を受けた時からありましたが、何故かおれのせいにされ無償補修させられるハメになりました。

そんなのも全て消えます。


まずはIPAに漬けますが、他のパーツがついたままだと都合が悪いのでバラバラにします。


2013091417140001.jpg


ガラスが普通の接着剤でつけられていたので参りました。

8両中7両は普通の接着剤、残り1両はゴム系接着剤でした。

途中で知ったようです(笑)



2013091417250000.jpg




普通の接着剤では当然ガッチリくっついており、ガラスパーツを破壊しながらの解体になりました。

できるだけ再利用したいと思いますが一部は廃棄ですね。

現行のモデルとは形が違うので現行のガラスパーツは使えませんが、品番1005のガラスパーツがまだ手に入るとわかったので安心して破壊しました。


2013091416090000.jpg


ライト改造に伴って前面ガラスへの不本意な塗装をしたのを思い出しました。

コレも超小型化で払拭できるハズです。

ライトケースを入れるためにガラスパーツを取り外したことも思い出しました。

コレも超小型化で純正パーツを使用できるようになります!



屋根パーツも一部破壊となりましたがこれはポリパテで容易に補修できます。



解体が完了しました!


2013091815010000.jpg


IPAにドボン。

10年の時を経て、生まれ変わります!
スポンサーサイト



Posted on 2013/10/14 Mon. 19:30 [edit]

category: 京浜急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  グリーンマックス  京急600形 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/684-1f4f6830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ