FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

Z32型フェアレディZを作る最終回  

いよいよ最終回です!

今回は総括と自己批評です。


Z-2.jpg

プラモデルとしては、さすがタミヤという感じで組みやすくて出来上がったときのフォルムもいい感じです。

デカールが弱っていたのはしょうがない。


Z-1.jpg

このZだけ歴代Zの中では異端児だそうで、S30から続いているショートデッキもコイツだけは踏襲していません。

燃料タンクの位置も違うとの事。

ホイールですが、メッキが施されているのでこのまま使用しましたが、今日ではもっと本物の金属に近い質感を再現できる塗料が発売されているのでそちらを使うのもアリだなと思いました。


2013080910380000.jpg

特にがんばりたかったボディ塗装のツヤツヤさは成功です!

ミスターカラーが言う「深みがあり光が当たるとキラキラ輝くすばらしい色」にはできたと思うのですが、いかんせんボディ色が明るいためわかりにくいです。

ツヤツヤや色の深みは暗い色ほどわかりやすいのです。


Z-3.jpg

このテールランプは苦労させられました。

弱いデカールを保護するためにトップコートは必須なのですが、いつものように水性塗料が完全に乾いた上にミスタースーパークリヤーを吹こうとしたら、まだ水性塗料が乾いていなくてマダラになってしまった。

更に時間を置きスーパークリヤーを吹いて、平滑化して…という余計なプロセスを踏む結果になってしまった。


2013080910300000.jpg

結果はご覧のようなツヤツヤ。


Z-4.jpg

足回りやエンジンはいくらかハショりましたが、悪い出来ではないと思います。

ほとんどエアブラシで塗装したので特にセミグロスブラックのサスペンションはかなりキレイ。

唯一の心残りはディファレンシャルギヤボックスのケツを筆塗りでやったこと。

見事失敗。


Z-5.jpg

インテリアの工程はあまり触れていませんでしたが、大きなミスを犯して無駄に時間をかけてしまった。

複雑な曲線のマスキングを、マスキングゾルでやってしまったこと。

うまく剥がれないし、剥がしていて下の塗装にキズをつけるしで散々でした。

パーツを水に漬け込んで水溶性のゾルを溶かすなんてことも試みましたがほとんど効果はありませんでした。


Z-6.jpg

スポイラーは一体型じゃなくて別パーツだったら表面仕上げがしやすかったっと思います。



総じて。

久しぶりのカーモデルでしたので感覚を忘れている部分が多々あって思いのほか時間がかかってしまいました。

色々勉強にはなったので、次に作るカーモデルでも生かしていきたいです。



これにてフェアレディZ製作記は終了です!

次はどのプラモデルに取り掛かろうか、ファンの方にアンケートを取っているところです。(笑)

カーモデルは1票も入っていません…





フェアレディZ製作記おわり。
スポンサーサイト



Posted on 2013/08/10 Sat. 20:00 [edit]

category: プラモデル

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

tag: Z32  フェアレディZ  プラモデル  田宮 
tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/10/26 19:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/644-0cca68e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ