FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

鉄コレ阪急6330形を立派な鉄道模型にする14~ライトケースのお話~  

ライトケースを作ります。


今回6330形は特急ということで急行灯が2灯とも点灯するようにします。

京とれいんと一緒のパターン。



配置の仕方も6300系と一緒なので、ヒゲ部分のライトケースは6300系と同様チャンネル材組み合わせによるケース。




ヘッドライトが新しい設計。

6300系のように既存のパーツはないのでイチから考えます。

ライトレンズはあるのでそれは使います。

☆6430
2013051800080000.jpg



6300系のような曲がりくねった導光パーツを使用せずに直接LEDからライトレンズに光が当たります。

どういうことかと言うと、6300系よりヘッドライトが明るい!

6300系でも充分でしたがさらに性能が上がる見込みです。

☆6330
2013052223310000.jpg

屋根との隙間の遮光に苦労しました。

黒やシルバーが屋根に出てしまわないように薄めたグレーを隙間に流し込んでその上から黒を塗りました。

毛細管現象で隙間はグレーがガッチリ固めてくれて、それを土台に遮光塗装となるので絶対に隙間はない。


試験点灯が楽しみです!






ヒゲ部分のライトケースは完全にカトーの6300系と一緒。

ただ、6300系と造りが若干異なるのでそこは対応します。

☆塗装を落としました
2013051311100001.jpg


もともと光らない構造のためフロントガラスと一体のライトレンズパーツ。

そのためパーツを上に逃がす切り欠きがあるのでそこを塞がないといけない。


2013051311240000.jpg


プラ棒で周りの高さと合うように切り欠きを埋めます。

若干隙間があっても接着剤の作用で塞がるから大丈夫。

ただし流し込み接着剤でまんべんなく行き渡らせないとならない。


2013051313150000.jpg



この上にチャンネル材を乗せます。


2013051313370000.jpg


チャンネル材は最初から2つ合わせておくことにしました。

切断したときに高さがズレたら面倒なので、先に1つのパーツにしちゃえば問題はない。

切断面は揃うので。


2013051313370001.jpg


このチャンネル材はおれにとっては世紀の発見です。

かなり扱いやすく確実な遮光、丈夫で大きさも完璧。


2013051316300000.jpg


このチャンネル材が市場から消えたらライト超小型化は終わりにします。


2013051321300000.jpg


2013051512520001.jpg


このパーツは遮光性能を確保しつつ、一部が外観となるのでヘッドライト以上に気を使います。

メッキシルバーを使ったその姿は…


次回、ライトユニットの回で。
スポンサーサイト



Posted on 2013/05/23 Thu. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急6330形  ライト点灯化  改造  鉄道コレクション 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/584-a010a8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ