FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。昨今の自粛で家でやることがないという人は、模型を作ろう!

鉄コレ阪急6330形を立派な鉄道模型にする12~配管など車体加工~  

車体の加工をします。

ステッカーを貼る前にやればよかったと後悔しています。



カトーのパンタを取り付けられるように加工します。

一応穴は開いていますがガバガバだし、他の穴が目立つから塞いでしまいます。


2013030718150000.jpg


後で気付いたことですが、この穴はトミックスのパンタがそのまま取り付けられるっぽい。


プラ棒を2枚並べて接着、パンタに合わせて穴を開けます。


2013051318400000.jpg


パンタの下に隠れる部分ですが白のままでは目立つので暗い色で塗りました。


2013051319030001.jpg


いいですね!

目立ちません。




次は妻板配管。

先頭車は6330号という前提で作られているためか6330形シリーズの中間車には一切妻板配管がありません。

6830号は中間車でパンタ有りなので妻板配管がないとおかしなことになります。

逆にパンタ無し先頭車の6430号には配管がついてしまっています。


6830号には新しく配管を取り付け、6430号の配管は撤去します。



新しい配管は京とれいんのときと同じように型を取って素材を詰め押し付けて取り付けるという方法に。

ただ素材はポリパテではなくレジンキャスト。

☆型を押し付けています
2013051322380000.jpg


☆取ったらこうなる
2013051322390000.jpg


左にも同じように取り付けて塗装。

不自然にならないように面として全体にGMカラー32番まるーんBを、肩には同21番アイボリーを。

配管完成です。

肩のアイボリーは苦手な筆塗りで挑みました。


2013051821120000.jpg


いいですね!



6430号は配管を撤去。

ナイフである程度削ぎ落としたら大嫌いな削る作業ですが、ポリッシャーのお陰で少し楽ができました。

このマルーンは塗装ではなく成型色なのでそこまで気を付けなくていいです。

後処理も楽でした。

6000系のナンバーを消したときと同じ感覚です。


2013051700480001.jpg


少し荒いですが、まぁいいですね!

これで妻板配管問題は解決しました。



途中で気がついた塗装ムラも修正。

☆6430号のデコ
2013051700200000.jpg


先頭車のここが塗装ムラがあってはさすがにまずいだろう。

ということで親切に修正してあげることにしました。

色はGMカラー21番アイボリー。


2013051700320000.jpg

いいですね!




次回からはライトです。
スポンサーサイト



Posted on 2013/05/19 Sun. 10:30 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  阪急6330形  鉄道コレクション  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/582-f0aeb4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ