FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

阪急6300系を「嵐山線仕様」にする12~HB-2000とかタンクとか~  

時系列がおかしくなります。

この辺はまだ大阪遠征に行く半月ほど前の話…


前回は床下機器を組み立てるところまで。

その続き。




セットに含まれていない増設床下機器としてはHB-2000コンプレッサーがあります。

説明書では形状の一元化を理由にモールドされているものを撤去し別メーカーのパーツを2つ使うように書いてあります。


形状の一元化。

とてもよくわかります。


しかしその方法では余計な手間がかかります。

今回はモールドされているコンプレッサーの型をとり複製という方法をとります。

何か新しく買うということがなく経済的。

☆それがこちら
ポリエステルパテです


いいですね!

高さに気をつけて6453号に取り付けます!

☆全く同じにしないと
床下機器の改造はお手のものです


このコンプの向かいには元空気ダメと思われるエアタンクがつきます。

こちらはパーツが同梱されていたのでそのまま使用。

☆ホワイトメタルです
パーティングラインがひどかった

☆このような配置
重量バランスの関係でしょうか



あとは前面となりますがそれはのちほど。

車両腹部に新しくつくのは以上です!


これらは塗装が必要ですが、全体的な色の統一感を出すために従来からの機器もすべて一緒に塗装します。

ここではエッチングパーツと軟質プラを同時に下地処理できるガイアのマルチプライヤーが活躍。

床下機器の色として標準的なGMの9番国鉄ねずみ色を塗りました!

☆あのHB-2000は
70点

奥行き間が薄まってしまいました。

でも雰囲気は出ていると思います。

☆どれが増設機器でしょう?
6353号

いいですね!


スカートまわりは明るい色なので塗り分けました。
スポンサーサイト



Posted on 2013/04/01 Mon. 17:47 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  嵐山線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/504-75f51c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ