FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

KATO阪急6300系を「嵐山線」にする3~窓の穴あけ~  

京とれいんのときと同じように乗務員室後ろに窓を作ります。

☆この姿は見納め
窓がないとやっぱりデカく感じるねぇ、この空間。


この嵐山線キットの中には「治具」なるものが入っています。

☆ランナーについている
大変便利です


京とれいんのときはこの窓の位置合わせはかなり手こずったので今回はこの治具を使いたいと思います。

京とれいんのときにも欲しかったなぁ(´Д`)



まずは窓がつく箇所に大まかな穴を開けます。

ポリパテの食い付きを考えると窓の大きさギリギリよりも少し大きめに開けたほうがいいのでそうします。


まずは治具を使いケガキ線を書きます。

☆鉛筆でサクッと書くだけ
縁をなぞるだけです


このケガキ線が完全に消えるように穴を開けていきます!

ドリルでグリグリ。

ナイフでザクザク。

☆解体工事のよう
目を背けるな。これが現実だ。

完成品に手を加える抵抗はなくなりつつあります!

特にライトなんかはおれが手を加えたほうがよくなるんだから!


☆いい大きさになったかな?
穴から覗いて何も見えなくなるまで削りましょう


治具を当てながら穴の大きさを確認しています!


☆いい具合に開きました
形はここでは気にしない

形が悪いのはこの時点では問題ではありません。



さてここからがかなり強行策なんですが、







それは次回にしましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2013/02/25 Mon. 18:56 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  嵐山線仕様  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/485-1a6306c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ