FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

KATO阪急6300系を「嵐山線」にする2~受験生はカトーの模型を祀ってから試験に挑んだらいい~  

落ちませんから。



カトーの模型の何が落ちないって、塗装が落ちません。



漬け込んで1週間…京とれいんのときは一晩で落とせたんだけどなぁ。

浸透してる様子もない。

使い込むほど剥がれやすくなると言われてるのに…



1つ気になる事項として「気温」があります。

京とれいんのときは確か5月で、IPAも20度くらいあったはず。

今は寒い台所に放置だからなぁ。

タッパーを開けたときのアルコール臭もないし…つまり揮発していない。



てなわけで湯せんをして温度を上げてみることにしました。

☆IPAは可燃性物質です
ただのフロオケです


湯を張った桶にタッパーごとドボン。

どうでしょうか。



1時間くらい放置してタッパーを開けたら、ものすごいアルコール臭!

ツーン

うおお( ̄^ ̄)

あぁ、この感じこの感じ!

☆浮いてる浮いてる
感触も違う


なんだかもう勝機が見えます!

さっそく専用ハブラシでごしごし。

☆!!!
アメリカの洗剤の通販ではありません


あの1週間はなんだったんだ!

どんどん剥がれていきます!

☆見たことある状態
サッパリ!


でもやはりカトーの塗装は自分の塗装よりしぶといですね。

モノによっては触るだけで気持ちよくペロンと取れるのにカトーのはハブラシで強く擦らないと取れない。



京とれいんのときに2両だけ生産時期が違うモデルが紛れ込んでいましたが、アレは新しいモデルではなく古いモデルだったんですね!

この古いモデルのほうが塗装が落としにくく且つうっすら色が残っているのですが、おそらく表面をサンドブラストかなんかで荒らしているからだと思います。

表面にツヤはなくスベスベで、1500番以上のペーパーがけをした後のようなかんじ。

細かい傷をつけて塗料が食い付きやすくしているんだと思います。

☆なんだかみずぼらしい…
早く「阪急」に戻してあげたいです


新しいモデルはツルツルでした。

塗装も落としやすく完全に色も消えましたね!




今回の教訓はIPAの温度が低いと塗装は剥がれないってことですね!

今回45℃くらいで何の副作用もなしに成功しました!

風呂くらいってことね。
スポンサーサイト



Posted on 2013/02/24 Sun. 11:17 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  KATO  阪急6300系  改造  嵐山線  塗装剥がし 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/483-6d75d38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ