FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

KATO阪急6300系を「京とれいん」にする22~材料は再利用~  

えー、「ざいりょう」と「さいりよう」がかかっています。

漢字にするとわからないモンですね!



ではつくっていきましょう!

☆ライト周りの銀のパーツ
まさかコレが外れるとは思わなかった


こちらにライトケースの機能をつけていきます。

本来はテールライトのみの点灯のため急行灯の穴は開いていないので、まずはこの穴を開けます。

ズレたらカッコ悪いので慎重に、テールライトの穴と同じ大きさで開けます。

☆塗装も落とされました
穴の直径はちょっとずつ広げて確認

キレイに開きました!


次は裏の遮光壁ですが、今回もチャンネル材が活躍です!

☆東武8000系のぶんもある
超進歩です


テールライトと急行灯の奥行きをずらすことで壁を作る手間を省き、同時に急行灯の指向性を絞る目的も達成。

☆凹面をパテで埋めてあります
油断大敵「光漏れ」


取り付けられたこのパーツはライト同士の遮光。

次につける外壁はライトケースから外に対しての遮光。

☆こいつがないと運転席が明るくなってしまう
つまりダサい

この辺のパーツはあまりにも小さいので、ゴミに近いプラ棒の切れ端を再利用しています。

うーん、エコ!



東武8000系とほぼ同時進行なので、この感じが記憶に新しい方もいるかと。

仕組みはほとんど一緒です!


えー、組み立て終わった写真を撮るのを忘れました!




スキマがないか確認したら、次は塗装に移ります。


順番は、

ブラック

エナメルシルバー

外観色

となります。

外観色は、ちょっと奮発して「メッキシルバー」を使いました!

☆阪急の名に恥じないゴージャスさです
もちろん正面貫通扉のふちの色と合わせます

ヘッドライトケースはあの切り取られたパーツに壁をつけるだけのシンプルなつくり。

ちょっと分厚い材料を使いプリズムと干渉しないように取り付けました!

☆3528チップLEDが入ります
いくぶんゴツい

はい、こちらも途中の写真をすっかり忘れていました。

いきなりできていたり。

ブログのことを考えながら作業してないんです。

☆2灯の突起が見える
純正パーツです

かなり小さくまとまりました!

計算では正面から見たときフロントガラスには被らない。

うまくいったかどうかはもう少し先でわかります!
スポンサーサイト



Posted on 2013/01/16 Wed. 19:32 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  阪急6300系  京とれいん  ライト改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/458-1a69a5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ