FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

中途半端から始まる東武8000系製作記5~イッツアスモールワールド~  

遮光ケースを作ります。

今回作る部品は4mm四方に収まる世界となります。

小さな世界ってコトです!



プラ板を組み合わせてチップLEDがピッタリ入り保持、且つ光を外に漏らさない性能が要求されます。

一番のキモはやはりヘッドライトとテールライトの間の壁でしょう!

ここの遮光が適当だと、ヘッドライトをつけたときにテールライト側が光ったり逆が起きたりします。

光漏れするだけでもダサいのに、光ってはいけないところがボンヤリ光るのは更にダサくなってしまうので念入りに作らなければなりません。

☆ライトケースの裏
あの顔の東武車はコレの応用でわりとイケると思う!


ライトケースの裏です。

ヘッドライトとテールライトの間の仕切りは奥まで続いてはいないので仕切りを増設。

薄いプラ板をハメこみます。

隙間ができてはならないので流し込み接着剤を使いました。

☆初めて使う銘柄
アメリカ製です


今回は新たに遮光ケースを作る材料としてチャンネル材(コの字)を購入しました!

これを向かい合わせにすれば1608LEDがピッタリ入るハズです!

☆こう使用します
コ+コで口です


なんだか、もう勝機が見えます!


☆ピッタリ!
気持ちよすぎる


思惑どおりピッタリはまりました!


コイツはテールライト用となります!


☆全貌が見えて参りました
このLEDの寸法は1.6mm×0.8mmです


ヘッドライトはもともとあるケースにハマります!

ヘッドライトはしっかり前を照らしてほしいから前からの距離は取りたくない。

逆にテールライトはあまり強く光っては困るので、指向性を絞る目的もあり奥へ。

同時にヘッドライトとテールライトの壁もできるので一石二鳥!


☆平行を出しました
この写真を撮るのも苦労しているんです

しっかり平行を出すのは初めて。

どのような仕上がりになるか楽しみです!



基本的にそれぞれのパーツは現物合わせで作っていますが、要所ではちゃんと調整しておりますよ(笑)

☆残りの壁
光を通しさえしなければいいので、結構テキトー


ケースの外観となる壁です。

今まではヘッドとテールの隔絶でしたがこの壁はケースから外に光が漏れないようにするためのもの。

これもしっかりやらないとダサいです!


フタはあとで作ります。



これができたら次は塗装です!
スポンサーサイト



Posted on 2012/12/27 Thu. 17:57 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武8000系  グリーンマックス  ライト点灯化 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/442-c2e0c6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ