FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

中途半端から始まる東武8000系製作記@~ライトパーツ今昔~  

ライトまわりを作ります!


グリーンマックスの東武8000系のライトまわりは何度も変貌を遂げていました。

今回はライト点灯化と絡めて振り返ってみたいと思います!




おれが扱った最も古いパターンはライトケースが顔パーツと完全一体となっているパターン。

☆エコノミーキットでしか見たことない
今やレアな板キット

ライトレンズパーツももちろんある。

ちなみに過去の東武20000系のライトケースはここから拝借。




次がライトケースが別パーツで、透明パーツで再現されてるパターン。

☆塗装済み板キットの頃
人生初のグリーンマックスとなった車両です





一番新しいのがライトケースはプラ製で別パーツのパターン。

☆現行仕様のハズ
コイツは使えそう!と運命的なものを感じました

HIDライトも再現可能です!

登場したての頃の8556Fを計画しています!




☆車体はこちら
制作予定

クロスポイントブランドで販売している未塗装の一体型ボディキットです!





おれがグリーンマックスに手を出した頃には透明パーツのパターンでしたが、これではライト点灯化をしたら不恰好になってしまう恐れもあった。

遮光も無理があったので。

なので、当時エコノミーキットで採用されていた完全一体のパターンを探して作り上げようとしているのがこちら。

☆エコノミーキットも見かけなくなってきた頃に探し回った
コイツも「中途半端な8000系」





今回の8133Fはライトケースが別パーツのエコノミーキット。

透明パーツでライトケースを再現することになっていたと思いましたが(記憶が曖昧です)、ある時にちょうどプラ製ライトケースの存在を知り、バラパーツを仕入れてきました。

☆この状態で売っていた
コレも何度も秋葉原に足を運び…


なかなか東武8000系が再生産されない時期でして手に入れるまで時間がかかりましたが、手に入れてからも別の依頼ばっかりやっていたので…

しかしその間に技術が向上し、結果超小型ライトユニットを仕込むに至りました。

待った甲斐があったわ~(笑)


ライトケースがプラで別パーツになって利点ばかり!
完全にライトユニットをケースに仕込んでから車体に取り付けられます。

運転席のディテールアップがしやすい!

遮光もしやすい!

車体を汚すリスクがない!

この8000系8133Fは見栄え性能すべてに於いて過去最高最強のライトになると思います!
スポンサーサイト



Posted on 2012/11/03 Sat. 17:15 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  グリーンマックス  GM  東武8000系  歴史  ライト  変貌  板キット 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/403-603ef91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ