FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

東武20070系修繕日誌2ndシーズンEP6~駆動部~  

頑丈なシャーシが出来上がりました!


こいつにこれから機械部品を組み込みますが、内心ハラハラドキドキ。

フライホイールユニットで18m化ができるかどうかの答えが出ますからね。

これができればもう怖いものはない!

ただしできなかったら今までの苦労はパアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/

パアヽ(´▽`)/




まずは駆動部を組み込む準備を。

フレームを切断したぶんシャフトとの距離が取れない箇所があるのでそこはリューターで研削。

☆写真の真ん中のギンギラギンのところね
少し軽くなってしまった(笑)


では、組み立てましょう!

確かめるようにパーツをハメていきます!

☆左は短くなってるウォームギヤ、右は手付かず
4187Fとは何ぞや


随分パーツ同士が接近してますね。

ドライブシャフトにあまり角度がつくのは困るので、ユニバーサルジョイントのウォームギヤ側とモーター側の距離は離してやらなくてはなりません。

先日の検証でモーター側は縮められないということがわかってウォームギヤ側を縮めることになりました。

☆縮まったウォームギヤユニット
これに気付かなければ18m化はフライホイール動力ではムリということになっていました



これで充分な距離を確保できるのか…


ドライブシャフトも短くしなければなりません。


このドライブシャフトは伸縮式になっています。

何故でしょうか。



ドライブシャフトの端(ジョイント)はメス側にパチンとハマるようになっています。

つまり軸方向の遊びがない。

推測ですが、ウォームギヤと台車の1stギヤの間にはバックラッシュがあるのでその成分を逃がすためのものではないかと。


今まではジョイント両端でバックラッシュの成分を吸収してましたが、走らせまくって磨耗してきた際にその吸収させるための遊びがアダとなってドライブシャフトを暴れさせる…

で、トミックス動力のあの異音に繋がっているなら、「異音対策」と捉えていいのかと。



いくつかよさそうなドライブシャフトを用意していましたが、その伸縮式ドライブシャフトをカットして使うことになりました。

☆用意されていたドライブシャフト
使い道を失ってしまった

☆カットされたドライブシャフト。上はそのまま、下が加工済み。
ナイフで簡単に切れました!


上記の対策(推測)を無駄にしないため!

☆良さげ
微妙な角度ですが、これくらいで60系のときはうまくいきました


☆とても良さげ
威風堂々としています


駆動部が組み上がりました!

意外とジョイント部分が奥にあり角度は思ったよりついていません。

これならイケるかも?と、希望が見えてきました。
スポンサーサイト



Posted on 2012/10/12 Fri. 17:46 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  トミックス  動力  18m化  改造  フライホイール  駆動部 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/386-3336ff70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ