FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。愛知県大村知事の次は東京都小池知事を是非!

朽ちたストラクチャーを復活させよう!3  

ライティングを生かすも殺すも今回の作業の出来次第。

☆この姿はおそらく見納め
生まれ変わるよ


より実感的にし、遮光を施し、ほぼ空洞となってる内部に壁を設け「部屋」を成立させます!

まずは一旦バラバラにされます。

☆バラバラ
「建築中」にもできると思う


パーツは少ないので細分化ができません。


ネジで本体と屋根と正面ガラスパーツがつながっているためネジを通すための穴と棒があります。

これを撤去し平滑化します。

☆固定方法はあとで考えます
わざと少し残してみます

ここから実感的になるように加工しますが、塗装の都合もあるので「ある程度」にとどめます。



何年も放置され、その前も汚い手でベタベタ触っていたのでまずはそのヨゴレを落とします。

泡がちょっと黒くなってビックリ。

どんだけ汚れてたんだよ。


洗うと、このストラクチャー製品が整形色そのままというのが際立ちます。

☆プラスチックが型に流れた跡
えーと確か… …忘れた。

☆見えなくなるところに空気穴などを通したんでしょうか、ガビガビです
でもツヤツヤ






次に天井パーツの繋ぎ目となるプラ角棒を接着。

天井と2F床はあとから取り付けるので繋ぎ目で光が漏れる可能性があるのです。

このへんはヘッドライト点灯化で得た経験が生かせます!

☆この棒でせき止めます
余った棒で適当に

流し込み接着剤でプラ棒と店本体を隙間なくくっつけます。




出来上がったら各パーツの内側に遮光色となるブラックを塗ります。

ブラックonツヤ消しブラックです。

つや消しブラックは、平滑化されていないので乱反射させてつやが消えるので、ツヤ有りより光を通しにくいと考えています。

シュー

シュー

こういう表面に出ない塗装をするときに限ってキレイなツヤが出るんですよね。

悔しいです!

☆キレイなツヤの1階部分
おれは本番に弱いのか…


乾いたらその上につや消しブラック!

☆乱反射させる
完全に乾かないと2層構造にできない


しっかり塗り、光を通さないことを確認します!

☆確認します
蛍光灯にかざしています


いいですね!

遮光とは、ただこれをするだけでも大きく仕上がりを変えることができる工程です。

改造としては基本中の基本です!(カタログに書いてあるくらい基本)

この遮光も上級を目指しますからね、先ほどの天井繋ぎ目の角棒もそのひとつです!




長くなったので今日はここまで。

ライティングの基本、「遮光」でした。
スポンサーサイト



Posted on 2012/09/27 Thu. 23:01 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  ストラクチャー  改造  ライト  室内灯  トミックス  商店 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/378-a8c73226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ