FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

大阪市営60系製作記37~どうこう言う前に~  

テストの結果遮光がうまくいかなかったのでケースを取り外して上にもフタをつけることに。

☆ついた
Rがついてるほう


ライトの裏がすごく狭くなってしまいました。

これでは配線などが干渉するのでLEDは真ん中寄りに外向きに配置します。

ライトまでは導光材を使います。

いわゆるプリズムです。

大量に余っているのです!


チップLEDを横向きに設置し、その光をチップLEDの光源の向きに対してとは直角の方向に出すようにします。

反射の法則から入射角と反射角は等しいので、光源に対して45度で作られた反射面に当たったLEDの光は180度-45度-45度=90度となりあの穴に向かっていくのです。

☆成型したプリズム(真ん中の)
幾何学多角形

完璧に近いプリズムができました!

さっそくテストです!

横に光をあて、プリズムの端(テールライトのレンズの裏)が強く光っているか検証します!

☆NHK教育ではありません
右からライトをあてています

右からライトを当てています。


いいですね!

キッカリ45度を出したのでキレイに光っています!

LEDは広い空間に移動です!


これで3つのLEDは接近することになります。

いいことです!

配線を長くせずに済みます!


テールライトレンズですが、この小さな穴に合うレンズを作るのは面倒なのでタミヤのエナメルのクリアーを流し込んでそれっぽくしました。


でこのプリズムをはめます。

☆はめた
フタをしたらもう二度と見ることはないとか考えると悲しくなる

これで横から光を当ててキレイに光れば成功です!

☆うまくいきすぎ
自分のために使いたい技術!


成功です!

完全な真横ではないから反射角も浅いのですが、それでもこの光量!

心配なさそうですね!

同じのをあと3つ作ります!
スポンサーサイト



Posted on 2012/07/09 Mon. 22:41 [edit]

category: 大阪市交通局

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 大阪市営  地下鉄  60系  Nゲージ  鉄道  模型  ライト  点灯化 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/326-bcb66bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ