FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

ごろねん堂東武20070系オマケ(過去作)  

オマケとか、新しいなぁぁ!!!


メインの施工はすべて終わりましたが、20070系もわりと珍しい車種なのでもう1回だけいいすか。


ちょうど新旧の技術の比較するのにちょうどいい素材だったので、比較写真を載せてみます。

側面


☆旧
市販の完成品はこんな感じですわね

☆新
運転台部分にすべて収まっていますので



旧型はライトケースがドドンと鎮座してますね。

新型はすっきりしていて、およそライトが仕込まれているとは思えません。

運転席スペースさえ向こう側が見えます!


前面


☆旧(一番手前)
当時は画期的だと思ってたけど…


☆新
コレにはかないません


ちゃんとライトが仕込まれている証拠ですね!


明らかな違いがありますね。

「ライトに関する技術」とすればまだまだアイデアはありますが、「ライト小型化」はおそらくもう打ち止めでしょう。

これ以上は必要ないですよね。



こちら東武20070系はおよそ8年前に完成された、今はなき「ごろねん堂」のキット組み立て品。

この頃はまだエアブラシを持っておらず、缶スプレーで塗装をしました。

そのわりには塗り分けで段差もなく、「缶スプレー塗装」としてはある所までは到達しているのだと思います。


☆動力はKATO製18mを無理矢理改造
一品モノ




しかし、今思えばもっとキレイに仕上げられたんだよな。

塗装もアチコチ剥がれてるし、屋根との接合も荒いしパンタ配管がないし、床下がちょっと違う!


床下が違うのはパンタ有りモハだけですが、VVVFだけに目が行ってしまった所有者のN君がそのランナーごとつけてしまったから。

本当はブレーキ制御装置とかリアクトルがあるのに。

東武のブレーキ制御装置は個性的なのに!

余ってるしつけちまおうかな(笑)

☆VVVF以外違う
VVVFだけが床下機器ではありません



あのメーカーのあのパーツを使えたり、視野が広がった分もっとディテールアップもできます!

先日の20050系のスタイルを標準として、並べても違和感がないようにしたい。


上の3本並んでる写真の真ん中が最新の20050系。

その次に新しいのが一番上の20000系。

一番古いのが手前の20070系。


違和感あるわいな~


ごろねん堂復活か、どこか他のメーカーで出してくれ!

ペアーハンズあたりお願いします。
スポンサーサイト



Posted on 2012/01/16 Mon. 14:14 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道  模型  東武  20070  ごろねん堂 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/176-4e7b8ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ