FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

ウエスタンリバー鉄道プラモデル製作記8~「らしさ」とは。~  

シャーシとランボードを分離したことでまた悪いクセが。

「シャーシはこんなにスカスカじゃない!」

ということで外から見える範囲の硬性アップパーツなどを取り付けることにしました。

☆確かに弱々しい
歪むぜ



左右のシャーシに渡される強度部材で、簡単に言えば頑丈にするためのパーツです。

こういうのにはよくアングル(L字)やチャンネル(コの字)の鉄骨が使われているそうです。

プラモでもできるだけ再現したいと思います!


使用するのはエバーグリーンのプラ棒。

工房にある帯状プラ棒を使います!

エバーグリーンからはアングルも発売されてますがわざわざ買うのもアレなんで。

左右に渡したり、シャーシ前後に張りついていたり。

☆前からから見た感じ
薄い棒を貼っただけ



もちろん適当につけているわけではなくホンモノに沿っています。



エバグリついでに、プラモではボイラーはランボードに置く構造なのでランボードがなくても高さが合うように秘密兵器もつくりました。

写真を撮るタイミングが逆ですが。

☆白いのが非純正パーツ
全部隠れるよ

このボイラーも後ほど少し手を加えます。

それはまた今度。


エバーグリーンのパーツはまだ白く目立ちますが、シャーシと一緒に黒く塗装するのでわからなくなります(・∀・)ノ


シャーシまわりとしては連結器も作り替えました。

☆純正連結器
引っ掛けるだけ


目立つワリにはちゃちいので、本物と同じ棒連結器にして実車同様の渡り板をつくって置いてみます。

この周辺にはとっておきのパーツを置く予定ですし(o^o^o)

☆非純正連結器と渡り板(未塗装)
塗装してから取り付けます


ちょっと細分化しすぎなので次回からはもうちょっとざっくり紹介しましょう。

随分いじくりましたね。

まだいじくる予定です!



コレクターの方には怒られるでしょうが、「トミー製」のオリジナル感はどんどん損なわれていきます(´Д`)
スポンサーサイト



Posted on 2012/01/11 Wed. 11:11 [edit]

category: プラモデル

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

tag: 模型  プラモデル  ウエスタンリバー鉄道  トミー  製作  改造 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/174-63da7925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ