FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。偉大な日本をもう一度。

おすそわけ!東武10080系GTO-VVVF『風』床下機器!  

先日制作した東武10080系モチーフの床下機器をおすそわけいたします。

『風』と銘打っているのは、お察しください。



★カタログっぽく紹介

☆切れてたらクリックしてね
10080-Setumei.jpg

東武のキング・オブ・ネタ車(意見が分かれるところ)、10080系の登場当時の日立製GTO-VVVFを積んだ床下機器をモチーフにした3Dプリンターによる部品です。

10080系といえばVVVF。

10030系と10080系の違いはこの床下機器とヒューズボックスくらいなので、これをつければ10080系のアイデンティティをほとんどを再現することができます。

☆切れてたらクリックしてね
Tobu10080-GTO-sZUMEN.png


床板はグリーンマックス床板はTR200、TR200Aを想定していますが、床板側の小加工で昔の塗装済みキットの頃の床板につけることもできます。



☆色々な動力に対応

10080系のアイデンティティであるVVVFのディテールを損いたくないという理由で、動力は13480に設定しました。

4R+2Rで運転されることも多いので、編成の真ん中に動力を持って来られるという意味でも都合がいいと考えます。

破損防止とモーター隠蔽のためにうしろに目隠し板がありますので、トミックスの完成品動力車のような感じになります。

奥行きは最大でも3mmと薄く、切り欠きもつくっていますので、鉄コレ動力、GMのコアレス動力、GMの2モーター動力、当然GMの旧動力(室内が真っ黒になるやつ)に対応。(一部プラ棒がなんかでスペーサーを作る必要がありますが)

ふだんの私と同じように普通のトミックス動力を使おうというツワモノは、モーターの出っ張りの側面を2mmフライス盤かなんかで削り、車体裾から0.4mmの位置まで取り付け部を削れば取り付け可能です。笑



★注文先

こちらからどうぞ。(DMM.Makeへ)

Ultra Mode限定です。

どうしても以前のXtreme Modeがいいという方は対応できますが、DMMのUltra Modeより値段は5倍〜7倍高くなります。

問い合わせフォームから連絡ください。



★塗装と組み立て

そのままでは塗料が乗らないので、洗浄してから下地剤を塗ります。

プライマー入りサーフェーサーがオススメです。

エアブラシがある方は、ガイアノーツのマルチプライマーがもっとオススメです。

お好きな色に塗ったら、車体に取り付けましょう。

床板の溝はプラ棒で埋めてください。

ディテールを維持するために後付けとしているパーツがいくつかありますので、実車写真やこちらの記事の写真を参考に組み立ててください。

取り付けはゴム系接着剤がいいです。

部品自体精密且つ脆いので、取り扱い注意!



★完成

これであなたの10080系はもっと10080系になりました!

爆音GTOを脳内再生しながらお楽しみください。
スポンサーサイト



Posted on 2021/02/17 Wed. 17:00 [edit]

category: 東武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  東武10080系  日立GTO  3Dプリント  床下機器 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1647-72bbef4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ