FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。偉大な日本をもう一度。

ZugのHOゲージ西武新101系をつくろう14:外装パーツ取り付けA  

★シルバーパーツ

洋白エッチングによるパーツがたくさん同梱されています。

ドアとヒゲ、そして手すりとワイパーです!


いよいよ「西武といえば!」なステンレスドアの取り付けにこぎつけました!

ガキの頃亀戸に住んでいた私、総武線を走るのはカナリア色の103系。

まだ私鉄や国鉄なんて分からなかった頃、雑誌やテレビでドアがステンレスの黄色い電車を見かけたら混乱していたのを覚えています。

「ニセそうぶせん!」

とか言っていた気がします。

すみませんでした、「本物の西武線」だったのですね。

そんなことを思い出させた西武のステンレスドアです。


IMG_0026_20201107213938e28.jpg

キットとは別売の洋白エッチングのドアパーツも用意されています!

ピカピカの塗装になっていてもどうも違和感があったのは、ドアがシルバーじゃないからで、これを取り付ければ一気に西武感が出るでしょう。

IMG_0027_20201107213939278.jpg

すごくフニャフニャです。

おそらく0.2mm厚です。

気をつけないと簡単に折り目がついてしまいます。

ランナーの切り離しとゲート跡のヤスリがけは慎重にしないといけません。


IMG_0030_20201107181018e42.jpg

先にドアの合わせゴムにスミ入れをしてから取り付け。


IMG_0031_2020110718102047f.jpg

仮組みをしたらプラのモールドよりエッチングのドアのほうがわずかに小さく、ドアの合わせ目から少しだけ下の色が見えてしまっています。

IMG_0035_20201107181021ed9.jpg

黒く塗る範囲を少し広げてから取り付けることにしました。

逆に高さは少しキツめでしたので慎重に削りました。

固定は接着剤です。


IMG_0034_20201107181024d2f.jpg

きましたねー!

西武になりましたねー!


IMG_0036_202011071814129b0.jpg

妻面貫通扉にも同パーツがあります。

同様に貼るだけです!

先にドアノブを塗るのを忘れてはいけません。

少しキツめなので削って調整しました。


IMG_0039_20201107181616213.jpg

そしてコレです!

ヒゲです!


IMG_0040_202011071816196fe.jpg

ボディのRに合わせて尚且つ決まった位置で曲げるのはなかなか技量がいります!

余っている前面パーツを使えば、塗装済み車体に気を使うことなく現物合わせができます。


IMG_0044_20201107181618618.jpg

きたー!

西武新101系だぁ!

このまま手すりとワイパーを取り付けましょう。


IMG_0064_20201107181811749.jpg

手すりもプレミアムミラークロームを塗りました。

未塗装でペーパー掛けをすればピカピカになりますが、それは上面底面だけ。

正面側面になる箇所は磨くのは大変なので、塗装で統一させました。

プレミアムミラークロームならピカピカのシルバーなのなるので大丈夫です。


ワイパーは昔の姿のシルバーです。

今は黒いようです。


IMG_0045_2020110718242160c.jpg

ライトレンズもこのくらいのタイミングで取り付けました。

普通は内側から差し込むのを想定されていますが、ウチの場合は内側にライトユニットがあるので無理です。

前から取り付けることになります。

先に塗装をしてから台座を切り取って、前からガシャン。

テーパーがないので簡単に入りました。

尾灯には赤、急行灯には黄色とオレンジの中間くらい、いずれも裏には光をやわらげる加工をしています。

ヘッドライトはそのままガシャン。


IMG_0067_2020110718255156d.jpg

締まってきました!



★ガラスフィルムを剥がす

IMG_0077_202011071805015f4.jpg


室内も用事が済んだのでガラスフィルムを剥がします。

このフィルムのために新車感があり、今までは納入業者側の気分でしたが、今からの作業は納品された側の事業者の気持ちです!


IMG_0078_20201107180501cd6.jpg

剥がしました!

うーん、透明!


室内にももう用はないので、ついにネジで固定します。

素組みでは実はうまく合わないのですが、最初の段階で合わせてあるのでスムーズに固定できました。

ここへきて穴が合わないと嘆いている方は、素直に床板の穴を広げましょう。



★インレタ

いよいよ車号が取り付けられます!


IMG_0089_20201107184930359.jpg

インレタも頂いています。

1227編成も1235編成も入っています。

車号のみで、表記類はありません。

ウチでは予算があれば表記を作ることも可能です。

貼り付けの高さは、ナンバー下の線を車体裾に合わせればちょうどよくなると解説されています。


IMG_0090_20201107185000a44.jpg

ででん。

いいですねー!

これで公式に笑1227編成になりました!


所沢← 1227-227-228-1228 →池袋


です。

こういった付番の法則も鉄道各社で色々特徴があって面白いです。

これまで何気なしに「1227編成」と呼んでいますが、これも人によっては「227編成」と呼ぶ人もいるらしいです。

どちらの正義も理解できます。

インレタはとても貼りやすかったです。


ところで、ツートンカラー塗装にした場合は塗り分け位置を間違えるとコレを貼ったらバレますね!

社紋と塗り分け線との距離感で。

そうなった場合はインレタの位置をずらしてごまかせばいいと思います。

私は大丈夫でした。



次回は完成までです!
スポンサーサイト



Posted on 2020/11/10 Tue. 17:30 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1620-df3eaa29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ