FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。偉大な日本をもう一度。

ZugのHOゲージ西武新101系をつくろう9:ボディ塗装  

★ボディ塗装

いよいよボディ塗装です!


IMG_0108_20200824165744204.jpg

まずベージュ。

妻面まで回り込むので気を付けます。


IMG_0106_202008241658274be.jpg

マスキングします。

上辺はドアの上と一致ということで分かりやすいですが、下辺の位置を決める決め手はないです。

横から見て、ヘッドライトに対してどのくらいの位置にあるかとか、窓を基準にどのくらいとかそんな感じ。

窓からみて塗り分け線の位置の先方は上下一緒かと思ったら違いました。

下のが僅かに広いのです。

検討した結果、車体裾から9.8mmでいくことにしました。


IMG_0115_202008241702141e3.jpg

前面付近の直線的でない塗り分け箇所は気を使います。

微妙なRと、前面の傾斜と同じ角度で切り出さなければなりません。

カッティングマシンを使うことも考えましたが、ウチにあるわけではないので現物合わせも大変そうだからやめておきました。


続いて前面窓まわりのブラウンを塗ります。

前面はボディのイエローに対しては3種類の色があるとのことで、側面のベージュと同じか、黒(厳密には超濃いブラウンらしい)か、今回塗るレッドブラウン。

このレッドブラウンの形態はチョコレートなどと呼ばれているそうです。


IMG_0116_202008241702141ec.jpg

ちょうどよい色がないので調合しました。

レッドブラウンて感じの色です!

使用したのはMr.カラーのレッドブラウン、同タン、GMカラー9番グレーに同スカーレットです。


IMG_0118_20200824170216f7a.jpg

いいですね!


IMG_0124.jpg

前面のマスキングシートは専用のものを使用します。

ちゃんと標識灯まわりをマスキングするための穴も開いていて、且つそこを覆うための細いテープも切ってあります。


IMG_0125_20200824170219833.jpg

サイズは、ピッタリとは言えませんでした…

IMG_0127_20200824170220f94.jpg

3分割して合わないラインを合わせました。

あとで修正覚悟!

こうしてみると、わずかに新京成8000形(悲しそう)に見えなくもないです。


IMG_0136_20200824170748307.jpg

サーフェーサーで下地を整えたら、いよいよ西武の象徴のイエローです!(6000系からちょっとおかしい)


話では、「幸せは西から黄色が運んでくる」などといういわれで池袋の宝くじ売り場が人気だそうです。

新宿はなぜ入らないのかと思ったら、西から来ても通り過ぎてしまうものがある(総武線)からダメなのだそう。


あっ

だから地下鉄直通車は黄色じゃないのか?!


まぁそんな詐欺ギャンブル(宝くじ)に関する情報はどうでもいいや。

とにかくそんな西武イエローです!

薄く何度も吹けば境目もキレイです。


IMG_0138_202008241707491c7.jpg

できました!

次はクリアーを塗るので、前面以外のマスキングを剥がします!

顔が登場するのは次回以降です。


IMG_0158_20200824170753b56.jpg




IMG_0159_20200824170750612.jpg

おお


IMG_0160_2020082417075123a.jpg

おお〜

西武感出てきましたね〜

IMG_0161_20200824170802245.jpg

しかしドアが不自然ですね!

薄く塗っても、やはり少々毛羽立ちはありますね。

この毛羽立ちには触らずにこのままクリアーを吹きます!

触ってしまったら毛羽立ちが折れて塗り分け線が上下にデコボコしてしまいます。

塗り分け部分にクリアーを充填(笑)してからクリアーごと研ぎ出しをすることで、毛羽立ちを消しながら段差も消すことができます。

ここからは車のプラモデルを作るときの感覚が呼び起こされます。


IMG_0164_20200824171144c5f.jpg

まずは薄く何度も吹きます。

薄く吹けばホコリがついても塗装を侵さずに取れます。

カツミみたいにブツブツになりますが、このあとの工程でその凹凸は埋められますので安心して進めます。

つまりこのあとの工程をやればカツミのブツブツ塗装を塗料はそのままにピカピカにできます。

ホコリのないクリアーの層ができたら、ちゃんと濡れた状態を保つように塗ります!

希釈も薄めなので、ブツブツのスキマを埋めてくれます。


IMG_0168_2020082417114584e.jpg

少しはブツブツがマイルドになりましたが、でもまだ表面がデコボコしています。

これをどうにかするには、ここからさらに研ぎ出しをします。

本物の車の世界ではポリッシングとかバフィングなどと呼びます。

それで一旦デコボコと塗り分け線のガビガビを消します。


IMG_0170_202008241711470f7.jpg

電動工具でラクラクです。

この白いのがクリアーの層の成れの果てです。

これはキレイに水洗いします。


IMG_0171_20200824171428332.jpg

水洗いしても、不安になるくらいくすんだままです!

でも、これは更に輝くためには避けて通れない工程です。

ちなみに扉はあとでつけるパーツで隠れてしまうので何もしていません。


IMG_0176_20200824171431b16.jpg

トップコートのクリアーを吹きました!

ピカピカになりました!


IMG_0177_20200824171429fb6.jpg

うーん、いいですね!

でもまだ若干デコボコしています。

これは、表面のほうがシンナーの揮発が早く奥が遅いため、乾きかけた表面のほうに奥の方のシンナーが上がってきて起こる現象でどうしようもありません。


IMG_0235_20200902170956500.jpg

これをどうにかするには、ここでまた研ぎ出し。

次はコンパウンドで表面を整えていきます。


IMG_0234_20200902170956029.jpg

電動工具でラクラクです。

昔は手で磨いていました!

細かさの違う3種類のコンパウンドを使って細かな凹凸を均していきます。

それぞれ#800、#3000、#8000です。

車のプラモデルを作るときに使うやつそのままです!

鉄道モデラーになる前はプラモデラー(今もだけど)でしたからね、ピカピカにするのは任せてください。

バランスも見つつツヤツヤにしていきます!


コンパウンドの種類を変えるときはその都度水洗いをします。

洗わないと前の段階の粗いコンパウンドが残って面倒なことになります。


IMG_0188_20200913154548c6a.jpg

一番最後は手作業で仕上げます!


IMG_0185_20200913154551d70.jpg

できました!

いいですねー!

ピッカピカのツヤッツヤです!

IMG_0193_20200913154550b0f.jpg

映りこんでいます!

段差も程よく消え、映りこんでいるレオの顔も歪んでいないです!(※レオ…この白いライオンさん。西武ライオンズのマスコット。可愛い。)

阪急みたいに濃い色じゃないからわかりにくいとはいえ、指紋をつけないようにここから先は慎重な作業が要求されます。


プラ車体の本気を見せたくて頑張りました!

16番モデラーの中にはプラ車体を敬遠するヒトもいます。

「ボディが厚い」とか「軽い」とか言うならわかりますが、塗装で語る人もいてビックリです。

それは塗り方の問題なんだよなー。


続いては屋根ですが、それに先駆けて配管パーツなどをつけてしまいましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2020/09/13 Sun. 16:00 [edit]

category: 西武鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  Zug  西武新101系  1/80  16番 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1602-84ee6175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ