FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。偉大な日本をもう一度。

出品!1/80東急「きになる電車」タイプの床下機器「きになるきき」!  

DMMのXtremeMode受付終了及びUltraModeの年度内終了に伴い公開を停止していましたが、
このたびUltraModeが無期限延長となったので再び公開しました。
XtremeModeがいいという方は手配できますが、DMMのUltraModeよりも値段が5倍~7倍になります。




製作した3Dパーツをみなさんのお手元にも届くようにDMM.makeクリエイターズマーケットに置いておすそわけできるようにしました。

6/30日以降は同じ3Dプリンターでの受付ができなくなるということで、全く同じものがDMM価格で欲しい方はお急ぎください。



★概要

東急1000系1017編成「きになる電車」の床下機器を3Dプリンターで再現しました。

きになる電車用に作りはしましたが、1012編成・1013編成以外の池上線多摩川線の1000系(1014~1024編成、わずかな差はあるかも知れない)は全てコレと同じ配置ですのでそちらでも使えます。(1500番台は違う)

Nゲージでも過去に東急1000系の床下機器は作りましたが、こちらをただ大きくしただけでなくディテールも1/80サイズに描き直してます。

そのため、とても重厚で精密な出来です!

特にコンプレッサーとエア配管は必見!


商品に関する詳細は、こちらの記事も参照してください。

製作記1

製作記2

IMG_0204_2020062413182465e.jpg



★商品ページ

こちらからどうぞ。

普通の通販の要領です。

素材はアクリルです。



★到着したら

混んでなければ1週間ほどで到着します。

造形不良を確認して、あったらDMMに問い合わせてください。

出力・サポート材処理・配達までは私は一切関知できません。

設計そのものに関する問い合わせは当方までお願いします。


問題なければ慎重に洗浄して、プライマー入りサーフェーサーを吹きましょう。

そこで造形がよくわかるようになるので、これでまずはごはん3杯いきましょう。

IMG_0175_20200624131823d05.jpg



★塗装

お好みの色を塗りましょう。

名だたる完成品メーカーでは、床下機器は半光沢〜3/4つや消しであることが多い印象です。

それくらいなら3プリンター特有の成形跡もわかりにくくなるでしょう。

配管コックやコンプレッサーの耐熱塗装(シルバー)の色差しをしたら、もっとイイ感じになるはずです。

IMG_0247_20200624131825005.jpg



★取り付け

ベース板の下辺が車体裾と合うように高さを合わせて接着剤で取り付けます。

位置はだいたいセンタリングでOKです。

しかし気を付けないと繊細な配管が台車に当たりますので、台車の可動範囲を確認しながら取り付けましょう。

IMG_0293_202006181758134d7.jpg


★完成

思う存分ニヤニヤしましょう。

またごはん3杯いけるはずです。

口笛のようなブレーキ緩解後や、すすり泣くような東洋GTO-VVVFの音を頭の中で再生しましょう。

IMG_0291_20200618175811486.jpg


★取り扱い注意

硬くて脆い素材ですので、収納時など取り扱いには要注意です!

カツミの純正ケースは加工の必要がありました。

でも、これを買おうという方なら大丈夫ですよね!!

私も安心してこの部品を公開しております。



★製作あとがき

いやー

HOゲージサイズ(1/80)でちゃんとディテールも攻めて3Dプリンターで作った床下機器はかなりの見栄えアップに貢献できますね!(やりすぎて吐きそうになったけど)

配管まわりはロストワックスという手もありますが、コストはたぶん3Dプリンターのほうが安いです。

ロストワックスは頑丈ではありますが鋳物なのでピシッとした直線が出ていない場合もありますが、3Dプリンターパーツは完璧な寸法でピシッと出ますので、見た目もダレないです。

配管パーツなんかは取り扱い超注意なのがちょっと難点。

でも、丁寧に扱える自信があるならオススメです。

成形跡はなかなか気になりますが、ロストワックスやホワイトメタルのブツブツと天秤にかけたらいい勝負のような気もします。

3/4ツヤ消し塗装にするなら大丈夫じゃないですかね〜(側面のは消えない)

配管やコンプレッサーなど細かいディテールのものは成形跡は気になりません。


1/80サイズでの別の機器の出力依頼があるので、まだしばらく3Dプリンターの限界を攻める日々は続く。

予定…HB-2000、C2000M

DMMは今まで床下機器を出力していた装置でのサービスを終了するというので、検証次第ではこれらは別のところで出力してもらうことになると思います。

この件に関する記事も書くつもりです。



最後になりますが、コレを製作するにあたりご協力いただいた東急1000系ファンのめかまさん(@TKK_thousand)に厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト



Posted on 2020/06/24 Wed. 12:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  東急1000系  床下機器 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1575-04e092c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

YouTube

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ