FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ザンビアでおもしろいことが起きている…

トミックスJR209系京浜東北線をドレスアップ2/3  

まずは車体をバラバラにします。

IMG_0193_202003141702141ab.jpg

台車と車輪、床板、室内パーツはそれぞれ塗装に入るので洗浄しておきます。

ついでにボディーも洗浄してピカピカにしましょう。



★足回り、床下加工+塗装+ウェザリング


IMG_0164.jpg

今回初めて銀河モデルのパーツを使い波打車輪を再現します。

負荷がかかる部分ではないので手軽にスプレーのりで貼り付けました。

☆ビフォー
IMG_0194_20200314170004336.jpg

☆アフター
IMG_0195_2020031417000678d.jpg

床下、台車、車輪はウェザリングをするので下塗りをしておきます。


IMG_0204.jpg

車輪塗装用の治具をつくりました。

事務用の穴あけパンチの穴の直径が絶妙だと言うことに気づき、ダンボールに穴を開けて作りました。

若干穴の方が大きいですが、吹き付ける角度を工夫すれば、段ボールの厚みも手伝ってそこそこなマスキング効果が得られるはずです。

IMG_0210_202003141704583e2.jpg


使用したのはガイアノーツのニュートラルグレーⅤです。

台車と床板も同様に塗装しました。

ほとんど色は変わりませんが、生のプラスチック感は消えました。


続いてウェザリングです。

使用するのは、タミヤアクリルのフラットアースです。

汚し具合は中程度にしてくれと言われています。

抽象的ですが、私の思う中程度と言うことで良いそうです。


IMG_0213.jpg


IMG_0212_20200314170644dc1.jpg

できました!

うっすらとグレーが分かるくらいの感じにしました。

導通パーツは、魔法の液体を使って逆にピカピカにしました。

導通は加工前より改善されるハズです!

マスキング漏れが懸念材料の車輪は、踏面を乾拭きで拭ってやれば大丈夫でした。



★室内塗装


IMG_0032.jpg

室内は塗装で表現してほしいと言われていました。

座席はブルー。

使用したのはGMカラー16番です。

すぐ近くで室内灯の光にさらされるため、暗めの色にしておきました。

マスキングが面倒な車端分は筆塗りです。

優先席もしっかり塗り分けました。

塗装前の写真は忘れた。



★カプラー交換


IMG_0244_20200326172628970.jpg

カプラーは、TOMIXのTNカプラーからKATOのボディマウントカプラーに交換します。

これに後付けのジャンパ栓パーツを取り付け、さらに連結面のリアリティを上げます。

ただしそこそこの加工が必要になります。

KATOカプラーは、4581C3。



IMG_0250_2020032617262973a.jpg

ジャンパ栓はZ04-5589です。

ダンパーを切り取り、ジャンパ栓にのみ塗装とウェザリングを施し、連結機能のあるカプラーはそのままにしておきます。

上の写真は加工前と加工後です。


取り付けに関しては綿密な調査が必要です。

連結面間隔は少し余裕を持たせないと連結できないし、高さも注意しないとボディと干渉します。

他のKATO製モデルも使って高さを決定し、スペーサーをかまして取り付けます。


IMG_0249_202003261728456a2.jpg

床板への取り付けはネジ留めです。

エコーモデルの精密ネジ1.2×3mmネジです。

動力車も頑張ってネジ留めにしました。


IMG_0029_20200401162445c55.jpg

繋いだらこんな感じ。

いいですね!

これ以上連結面を狭めたら、充分に押し付けられなくなり連結できなくなります。

これが限界です。

もう1ついいことがありました。

ジャンパ栓は連結するもの同士の片方に付くので、編成を組むときに間違えることがなくなります笑



★先頭床下

先頭床下の精密感アップのために市販パーツの取り付けをします。


IMG_0007_20200326181701aff.jpg

こちらはガレージメーカー西多摩車両工業の3Dプリントパーツ「209系用スカートA」です。

Aは川崎重工製、Bは東急車両製という区別です。


IMG_0020_20200326181702b9d.jpg

組み立てるとこんな感じ。

慣れてないと危ないのは、ウチのも含めて3Dプリントパーツ全てに言えることです。


IMG_0022.jpg

精密でいい感じです!


IMG_0024_20200326181705b46.jpg

寸法が少々きつめですがうまくやれば入ります。

怖い人は床板側面と接触する面を削りましょう。

コレをつけると床板とボディも少々きつくなります。

前面側、妻面側の好きなほうを削りましょう。


IMG_0025_20200326181706204.jpg

ATC受電器は1067mm/150のファインスケールのようですので、レールの真上にはきません。

これは設計するほうとしては悩ましいでしょう。

昔東急のを作ったとき、私は9mmに合わせたと思います。

いくら泣いてもレールは9mmゲージで、受電器はレールの真上にあるべきものだということで。



次回はボディの加工と仕上げです!
スポンサーサイト



Posted on 2020/04/05 Sun. 13:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  トミックス  JR209系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1558-3406d277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ