FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

東急8590系製作記4~デブが電車の座席に座ると5人座れるところが4人しか座れなくて腹立つ~  

注.ライトケース、遮光ケースは同義


先頭車を組み立てます。


先頭車が中間車と違うところは、ズバリライトでしょう!

☆エコノミーキットはこんなのが多い
生まれたままの姿ってヤツです


こちらの前面パーツにはライトの穴が開いてませんね。

一昔前まではこのようなパーツの場合無条件でライト工事を断っていましたが最近は技術が進歩し可能となりました。

無理だと言い通せばライト工事を減らせられたのに、おれはつくづくお人好しだなと思いました(_´Д`)ノ


まずはこの前面にライトの穴を開けます。

ピンバイスで下穴をあけ、そこからヤスリで掘り進んで行くのです。

同時に別売ガラスパーツが入るようにテーパーを削ります。

前面パーツは編成の顔になるわけであまり不格好にはしたくありませんね。

だからいつも以上に慎重にならざるを得ません。


☆左は進みすぎているので見ないで
2つの顔が合わさるとき、何かが起こるだろう


こんな感じでどうでしょう(・∀・)ノ


このままではヘッドライトとテールライトの境がないので、実車の写真を見ながら境目の板を作ります。

☆2㎜四方に収まる
ピントが合わなくて大変だった

最終的にはこのパーツがしっかり光を遮る役目を果たします。

コイツがないとヘッドライトの光がテールライト側に漏れたり、逆のことが起きたりします。

かっこよくないです。

ダサいです。

だから重要なパーツで、ディテールアップパーツ兼遮光パーツでもあるわけです!

これを取り付けたら上の写真の左になります。



裏からはライトケースを取り付けます。

1.6㎜×0.8㎜のチップLEDが入ればいい大きさなのでそんなに大きくありません。

☆まだ純白の私
前代未聞の小ささのハズ


窓の下に完全に隠れて、正面から覗きこんだ運転席には何もない状態となります。

ライトケースができたらこの一帯に遮光塗装を施します。

もちろん黒!


ところで、この遮光塗装をもってずいぶん昔からウチにあったタミヤのエセセミグロスブラックスプレーが切れました。

缶スプレーをひとつ捨てられます!

目指せ缶スプレーZERO!


この遮光塗装が表側に出てはならないのでちゃんとマスキングします。

ノリシロもマスキングします。

ライト回りだけ黒くなりました!

☆黒く染まった私
光ってるなぁ

こんなにテカテカではセミグロスブラックとして使えません。

よく溶けないし、だから晩年は表の塗装に使われることはありませんでした。



そしたら箱にします。

ここで乗務員室仕切りの取り付けシミュレーションもしました。

ピッタリ過ぎて箱にしてからでは取り付けられないことがわかったので側面内側の床板と当たる部分を削り対応します。

仮組は大切!



箱にできました!



先頭車は何かと気を使いますね(_´Д`)ノ

あ、箱の写真撮るの忘れた(_´Д`)ノ
スポンサーサイト



Posted on 2011/12/07 Wed. 05:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: 東急  8590  ライト  Nゲージ  鉄道  模型  GM  グリーンマックス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/154-491686f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ