FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

3Dプリンターで作られた1/80サイズHS-20コンプレッサを見ながらほぉ~ほぉ~言うだけの記事  

★関連記事

※東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電鉄1000系風に)2/2

※3Dプリントで出来上がった1/150サイズHS-20コンプレッサーを見ながら、はぁ~はぁ~言うだけの記事

IMG_0324_20191125165626d3a.jpg


★本編

先日の一畑電鉄1000系の床下機器は無事納品されました!

床下機器全体としてはもう手元にありませんが、参考資料としてHS20コンプレッサーだけは余分に作っておきました。

今回はテレビの前の皆さまとご一緒にこの素晴らしいHS20を鑑賞しましょう。


★レッツほぉ~ほぉ~


IMG_0325.jpg

ほぉ~~~

この立体的な配管…!

目で追える配管…!

HS20の圧縮空気の流れをコレで勉強できますよ!


IMG_0327_20191125165629b57.jpg

ほぉ~~~

このシリンダーの放熱フィン…!

わかんない人に説明すると、バイクのエンジンにヒダヒダがあるでしょう?

あれは空気中に熱を効率よく逃がすために空気との接触面積を稼ぐためにあんなヒダヒダなんです。

HS20はエンジンではありませんがレシプロの構造は同じで、中でピストンが高速で往復して摩擦熱が発生するし、中で圧縮された空気も熱を持ったりするのでコンプレッサーのシリンダーは結構触れないくらい熱くなるんです。


これは、3Dプリンターでないと絶対無理な造形です。

ロストワックスでも流れていかないでしょう。


IMG_0328_20191125165630c95.jpg

ほぉ~~~

このマニホールドのボルト…

マニホールドとは集合管のことです。

鉄道用コンプレッサー界隈でそう呼ばれているかは知らない。


IMG_0329_20191125165632453.jpg

ほぉ~~~

この放熱管…


IMG_0330.jpg

ほぉ~~~

このアイボルト(吊り上げ用の輪っか)…


IMG_0332.jpg

ほぉ~~~

このモーターのフィンと接続箱…

この中にモーター用の端子があります。


IMG_0331_2019112516563650f.jpg

ほぉ~~~

このカップリング…

カップリングとは、中心が若干ずれてても大丈夫な軸継ぎ手です。

モーター軸とクランクシャフトを繋いでいます。


IMG_0343_20191125171126797.jpg

安全弁も給油口もバッチリ!

この方向でなければもうすこし滑らかに造形されたはずですが、それは仕方ありません。


IMG_0341.jpg

シリンダーブロックのボルトがあるのがわかりますか?

シリンダーヘッドにもボルトも放熱フィンもあるのがわかりますか?

これもロストワックスでも無理でしょうね~


IMG_0333_20191125165639db2.jpg

ほぉ~~~

この防振ゴム…

防振ゴムとは、コンプレッサーの動作振動を車体に伝えにくくするゴムです。

コレがあるおかげで車内は快適です。

フラットブラックに塗ってもいいですね!



どうしよう、オチが思いつかねぇや笑

あ、HS20だけを出品してみよう!


と思って2基セットを作って調べたら、約3,000円…。

1基約1,500円…

売れるのかよ笑

スポンサーサイト



Posted on 2019/11/25 Mon. 19:00 [edit]

category: 鉄道模型

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  床下機器  HS-20  コンプレッサー  1/80 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1531-5469b79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ