FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

カツミのHOゲージ阪急8300系を仕上げ!2/2  

では実際の作業です。

付属品を使って仕上げるのがマストだと思いますが…


IMG_0037_20190930134405eeb.jpg

コーポレートマークも車番もデカールです。

デカールと言いますのは水に浸して貼るシールみたいなヤツで、貼ってしばらくはまともにくっついてますが年単位で時間が経つとパリパリ剥がれてしまいます。

そうならないためにはトップコートのクリアー塗装が必須ですが、それをやるとなると手間(ひいては工賃)が跳ね上がります。

しかも、カツミの超梨地塗装にピッタリフィットさせて貼るのは大変です。

透明な膜も目立ちます。

しかも、デカールとしての質もよくない。



こうなるともうデカールは使いたくない。

どうしよう。



★大阪梅田マッハ模型

頭に浮かんだものは金属切り抜き車番です。

実車は「ステッカー」ではなく立体物です。

金属車番なら立体物としてナンバーを表現することができ、とても実感的になります。

コーティングなども必要ありません。

トミックスの485系やなんかのメタル転写車番と同じような仕上がりになります。


気が付いたら都営三田線に乗っていました。

本蓮沼はエコーモデルで以前見た金属車番を求めて…


IMG_0149_20190930134406b58.jpg

こちらがマッハ模型の「阪急番号」です。

洋白エッチングです。

コレを一文字ずつ切り抜いて貼っていきます。

計64文字をペタペタ貼っていく地道な作業を強いられますが、完成後の見た目はデカールなんかより数段上です。


IMG_0072_20190930134409bdf.jpg

こちらはイラストレーターで作った貼り付けガイドです。

目印が近くにないような場所でセンタリングが必要で、且つ「1」があるため難しいです。

この貼り付けガイドがあれば、枠の範囲に貼るだけで手軽に位置決めができるのです。

IMG_0065_20190930134407e8c.jpg


表面をサビ止めとして塗装したら、


IMG_0104_201909301344108f8.jpg

切り出して裏にスプレー糊を吹き、1文字ずつ貼っていきます。


IMG_0105_201909301344121d8.jpg

IMG_0106_201909301344146f5.jpg


いいですね~!

ちょっと分厚い気がしないでもないですが、デカールなんかより全然イイです!

「3」の字体がちょっと気になります。

IMG_0128_20190930134416074.jpg

「1」を含む文字列用と「1」を含まない文字列用の2種類の貼り付けガイドがあればOKです。

「1」だけが大幅にセンタリングを難しくしてくれます。

1001とか1111ならいいんですけどねー。

IMG_0070_20190930134415720.jpg

いいですねー!


側面ナンバーはこれでOK。

文字サイズの異なる前面用はどうしても見つかりませんでした。

こうなったら、手間はかかりますがエッチングで作ることにしました。



★エッチング版下

露光設備のない我が工場でのエッチング版下は、インレタを使って行うのが手軽かつ精密にできます。


8314前面EDITAIs

イラストレーターでインレタの原稿を作っています。


IMG_0182_20190930135501d06.jpg

印刷してみてサイズもしつこく確認。

やはり「顔」になる部品ですから。


IMG_0113_20190930135506293.jpg

インレタによる版ができました!


IMG_0158.jpg

0.1mm厚洋白板に貼ってエッチングしてます。


IMG_0160_20190930141017ba3.jpg

出来上がりました!

満足の出来です!

IMG_0166.jpg


サビ止めの塗装をして、こちらも一文字ずつ貼っていきます。


IMG_0200_20190930141020aaf.jpg

ででん。

イイですね~!

やはりナンバーがあると締まります!

なんか8が小さい気もするけど、寸法は合ってるんだよなー。

写真写りですかねー。

魔法の液体を使えば簡単に剥がれますので、あとで修正も利きます。



★コーポレートマーク

白いコーポレートマークも同梱のものはデカールです。

デカールはイヤなのでインレタにします。

阪急の1/80コーポレートマークは意外と製品として存在しないんですねぇ。

存在しないのなら作るしかありませんでした。

皆さんどうしているのでしょうか。


HankyuMarkEditAIs.png

粗が出ないように少し修正。


IMG_0084_20190930135502d5d.jpg

印刷してサイズ確認をしています。


IMG_0086_20190930135503778.jpg

同梱デカールにはない、ドアコックの位置を示すと思われる▽も作っておきます。

こちらもサイズの確認をしているところですが、▽はサイズ感が分かりにくいですねー。

車体裾のRの中に完全に納まるので、それでサイズを探りました。


IMG_0118_20190930135505975.jpg

インレタができました!

とてもキレイです!


IMG_0125_201910040026349aa.jpg

貼りました!

イイですね~

これで晴れて阪急車です!

サイズもバッチリです!


IMG_0197_2019100400263504a.jpg

ドアコックの▽もいいアクセントになりました!

これでマーキング系は完了です!


★連結器

こちらの8両編成は6+2で構成されます。

先頭車同士の連結が必須ですが、連結器はダミーです。

これを連結出来るようにしてほしいとも言われています。


IMG_0092_20191004003420d0e.jpg

用意したのはエンドウの5711密着連結器電連付きです。


IMG_0142.jpg

床下機器と同じ色に塗装します。

手持ちの色には同じ色はなかったので、近い色から調合。


IMG_0144_2019100400342234f.jpg

取り付けました!


IMG_0169_20191004003423982.jpg

これで連結出来るようになりました!

ただし、胴受けがなくなってしまいました。

もともとスカスカのカツミの前面足元。

胴受けの喪失感は半端ないです。


IMG_0178_201910040034258ea.jpg

以前製作したアクラスの205系の余剰パーツの胴受けを使用することにしました!

微妙に形が違いますが、ないよりマシです。


IMG_0183_20191004003426a26.jpg

胴受けのおかげで少しお辞儀していた連結器は正面を向くようになりました!

いわゆる顎クイをしているということです。


では連結テストです!


IMG_0181_20191004003428a2c.jpg

あら。

車両同士を押し付けたら首が反れてしまいました。

首振りはフリーではダメみたいですね。


IMG_0188.jpg

手持ちのバネを使って多少首振りに抵抗があるようにしました。

(ほぼ)センター復帰機能もつきます。


IMG_0192_20191004003746305.jpg

連結が格段にしやすくなりました!

完璧です!


★ワイパー


IMG_0194_2019100400443461c.jpg

最後に同梱のワイパーを取り付けて完成です!

☆クリックで拡大
IMG_0208s.jpg

IMG_0211_20191004004752549.jpg

IMG_0210_20191004004751d2a.jpg


美しいインレタとパーツのおかげでカッコよくなりました!

前面ナンバーはもうちょっと頑張れるなー。
スポンサーサイト



Posted on 2019/10/05 Sat. 17:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急新8300系 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1511-641929eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ