FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

東急1000系風の床下機器をHOゲージ仕様に!(一畑電車1000系風に)1/2  

東急1000系フリークのめかまさん(@TKK_thousand) から、すみ車おすそわけコーナー(PCでは左の欄に表示)に置いている3D床下機器をHOゲージサイズにしてくれという依頼がきました!

打ち合わせしたらものすごい知識量のめかまさん、こんな方に目につけていただけるなんて至極光栄でございます!


IMG_1962_20191104150127db9.jpg

取り付ける相手はこちらのカツミのチャレンジキット。

東急1000系は地方私鉄にかなりの数譲渡されており、こちらもそのひとつ「一畑電車」を模して作られています。

キットに付属している床下機器はショボいらしく、そこで以前作った私の床下機器をコレ用に仕立て直して提供してほしいというのが全容です。


★作図


Bataden1000-1.png

久しぶりに東急1000系のデータを開き、その中からM1車とM2車を抽出。

こちらを大きくします。


3D設計はとても便利で、「スケーリング」という機能を使えば好きに拡大縮小ができます。

ただ大きくするだけでもいいとのことでしたが、それでは芸がありません。

当たり前ですがスケールは大きくなっても3Dプリンターが出せる最小単位は変わりませんので、ディテールをもう少し攻めましょう。


Bataden1000-KARI.png

模型を採寸した仮車体を描きました。

デフォルメしていた部分を見直し、より実車に近付けるためコレを使用します。

特にM1車はモーターがくるため、奥行きも気を付けなければいけません。


★HS-20

ディテールにこだわるとなったら、やはり一番はHS20様にあらせられます。

メカメカしく特徴的な外観、複雑なパイピング、認知度、モデリングをするのにこれほど適したモチーフはありません。

いただいた資料によると正式には「A1544A-HS-20-1」だそうです。


Bataden1000-HS20-Operationpng.png

ほぼもとのまま。

これでも充分といえば充分ですが、コレにモデラーでメカニックの私の見地が加わると…


Bataden1000-HS20-DEKITA.png

こうなりました!

ますますゴツくなりました!

Bataden1000-HS20-PaintHOLE.png

モーターとクランクシャフトを繋ぐカップリングまで描きましたが、きっと見えないです!

クレーンで吊るための輪っかも描きました。

台座には穴を開けて塗装がしやすいようにしてあります。



★VVVF装置

さて次はVVVF装置。

横幅が一番でかく、かつ象徴的な機器なので慎重に描き直しましょう。

サイズを合わせたら、ディテールを攻めます。

おそらく一番大きな変化はメッシュ部分です。

一番細かい造形ができる寸法はわかっていますので、大きくしたあとにメッシュだけを描き直しです。


Bataden1000-4.png

左が大きくしただけ、右が描き直したもの。

この差です。

ボルトや凹凸、取っ手なんかの表現も見直しです。

ハンドルの微妙な後退角まで再現しました。

このVVVF装置、世界初のヒートパイプ方式で素子の冷却を行っているらしく、そのヒートパイプ機構はこのメッシュの中に詰まっています。

これが第1号か、だからコレだけが後退角がついているんだな。

いわゆる「東洋後期GTO」は見た目が似ている機器がたくさんありますが、この東急1000系のものだけが持つ特徴がこの後退角です。

このスクリーンショットではわかりにくい…


Bataden1000-VVVF-MOTTODEKITA.png

いいですね!

同様にメッシュを持つ機器を描き直しです。


★SIV


Bataden1000SIV-Before.png

SIV。


Bataden1000SIV-After.png

こうなりました!

いいですね!

1/80サイズなら取っ手も抜くことができます。


★パイピング

特徴的で3Dプリント向きの表現としてエアのパイピングがあります。

これもコックや逆止弁のディテールを攻めました。


Bataden1000PIPE-Before.png

これがビフォア。

今見ると雑な気もしますが、Nゲージサイズだとこれが限界。


Bataden1000PIPE-Cock.png

細かい部品もこんな風に描きなおしました。

こちらはエアコックです。

画像はありませんがエルボやユニオンも描きなおしました。

少し太くなるので少しだけ強度が上がります。


Bataden1000PIPE-After.png

できました!

これだけでかなりの時間を費やしました…

タンクを吊っている部分が弱々しいのでディティール無視の補強を入れていますが、自分的にはうまく隠せたと思っています。

横から見たら一発なんですけどね。


Bataden1000CCOS-Before.png

外観上の特長もないただの箱の機器も、取っ手を描きなおすだけで見違えます。

Bataden1000CCOS-after.png


1/80サイズならこの取っ手もちゃんと再現されるのです。


Bataden1000-lubricator.png

新しく追加した機器も。

こちらは軌条塗油器です!

急カーブなどでレールに油を塗る機械です。

搭載していない編成もあるので、それは切り取ればOK。



★全体

☆M1
Bataden1000M1-DEKITA.png

☆M2
Bataden1000M2.png

元はM1とM2ですがそえがそのまま先頭車になりますので先頭車にあるべき機器が来たりしているので若干の並べ替えなどもしました。

車体から吊るためのベースとなるアングル材まで描いてみました。

あとは再配置。


Bataden1000-DEKITA.png

これで完成です!

場所がなくてブレーキ制御装置やフィルタリアクトルの前に置かれた箱は、ディティール保持のために別パーツとしました。

全体の構成はどのようにしようか迷いましたが、Nゲージと同じような片側一体型にしました。

配管パーツを守るために向きがテレコになっています。

2両なら間違えないです。


ところで

値段が気になるところですが…

予想を裏切らない高額でした!

1万円超えましたよ。

もしコレもおすそわけすることになったら、昔のカツミのように薄いやつも作って選択できるようにしましょう。



さっそく注文です!
スポンサーサイト



Posted on 2019/11/04 Mon. 17:00 [edit]

category: 東京急行電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  東急1000系  一畑電鉄1000系 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1509-afc5cb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ