FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。今年は静かな向島…

カツミのHOゲージ阪急8300系を仕上げ!1/2  

カツミのHOゲージ阪急8300系がやってきました!(商品名:阪急新8300系)


IMG_0039.jpg

デカイです!(なんだその感想)

金属製だけあってかなり重量があり、造形もシャープです。


IMG_0040_201909111725038f6.jpg

形態は、2次型と呼ばれる「く」の字のように折れ曲がった前面を持つスタイル。

IMG_0036_20190911172504910.jpg

ヤフオクで手に入れたというこちら、ほぼ新品で同梱パーツも未開封。

車体の状態もよく、ほんとにちょっと開けただけのような感じで定価の約半額で買えたそうです。

運がいいと思います。


★目的

今回やってきた目的は、

・車番の貼り付け
・コーポレートマークの貼り付け
・▽貼り付け
・連結器交換
・一部方向幕交換


です。

阪急の車体はまるーん1色で凹凸もなく、シンプル。

そのため、車番やマーキングを貼ることで見栄えというか印象はかなり変わります。

それは何両も鉄コレを手掛けていてしみじみ感じています。

車番なんてペッと貼って終わりじゃん、なんで俺のとこに来たのかなーという疑問に対する答えも探りながら、まずは恒例の色々見てみましょう!です。



★色々見てみましょう

初めて扱うようなものがあったら色々見てみましょうとか言いながら色々見る恒例のコーナーです。

ブログ滞ってんだからさっさと1回で書けやというセルフツッコミも入れつつ、目的としては趣味人としてテレビの前の皆さまと楽しみながら鑑賞していこうというものです。

加工行程を練ったりもします。

IMG_0044.jpg


IMG_0068_20190911174618c96.jpg

塗装は、カツミやエンドウならこんなもんかなーという感じです。

この暗いボディカラーにクリアーを塗ったら、まぁこうなるわなってレベルです。

梨地。

カツミさんの塗料の希釈具合や吹きかたがこれでわかりました!

カツミやエンドウの塗装の特徴の塗り分け線のケバケバは、阪急ならあまり気になりません。


矢印とかコーポレートマークを先に貼っておいてクリアーを吹いたりしないのは、おそらくマークを侵すからでしょう。

カツミさんやエンドウさんはおそらく塗膜が丈夫なラッカー塗料を使っていると思われます。

ラッカー塗料はインレタはおろか、プラスチックをも侵します。


IMG_0043_20190911174621bbb.jpg

顔、寸法が合っているのに何か違う感じがするのはおそらくフロントガラスが奥まっているからでしょう。

やはりナンバーがないと変な感じです。


IMG_0059.jpg

行き先は、快速急行河原町行きが最初から取り付けられています。

IMG_0150_2019091118140782f.jpg

これは、付属のシートを切って貼ることで取り替えられます。

側面用ももちろんあります。


IMG_0055.jpg

台車はいつもの感じですが、車輪が波打ちになっていてイイ感じです。

グレーなのも相まって回っているのがよくわかります。


IMG_0132_201909111803183e3.jpg

床下機器はいつもの感じです。

IMG_0088.jpg


ロストワックスで、表面はポコポコ穴が開いていたりします。

これはいけません。


IMG_0129_201909111824237dc.jpg

VVVF装置はモーター車用を作っているわけではなく、T車用を無理矢理くっつけています。

そのため上から見たら車両限界をオーバーしています。

駅に進入したら冷却ユニットが吹き飛んでしまいます。


IMG_0061_20190911174626643.jpg

室内灯が装備されており、光の色や強さがとてもイイです!


IMG_0049_201909111803235ee.jpg

IMG_0050_201909111803215d3.jpg

ヘッドライトやテールライトは当然点灯しますが、電球照光のためスピードが遅いとまともに点灯しません。

行き先は点灯しません。

ちなみに、本体についているスイッチを操作することで前面のライトを全OFFにできたり、急行灯の点灯状態を選択できたりします。


IMG_0051_20190911174620963.jpg

室内はカツミらしからぬ頑張りです。

イスが設置されており、端のパイプまでちゃんとあります。

最近エンドウやカツミがちゃんと室内を作るようになっているのはU-TRAINSやでんてつ工房の影響だと思っています。

それまでは、室内はガランドゥでしたよね。


IMG_0054_20190911180320c7b.jpg

乗務員室仕切りは、阪急の象徴といえる木目調内装を表現するにはうってつけのアイテムだと思います。

こちらは木っぽい色が塗られています。


IMG_0223.jpg

屋根上。

パンタと配管の写真しか撮っていませんでした。

クーラー、ショボすぎて撮るのも忘れてしまったようです!

ペタっとしていて、鉄コレレベルでした!

せっかく立体的にできている配管やヒューズボックスが、屋根の色と一緒になっています!

そしてその屋根の色も暗すぎやしませんか。

パンタは、こんなもんかなーっていう感じです!


値段とのバランス、HOゲージって微妙なんだなって思いました。

決して暴利をむさぼっているとは思いませんので。



走りは普通でした!

ライトは電球で、色はとてもイイですがある程度スピードを出さないとまともに光ってくれません。

Nゲージではマストな常点灯というものは、概念そのものがHOゲージの世界にはありません。


IMG_0037_20190911181406e9e.jpg

付属品としては交換用の方向幕、後付けワイパー、連結幌、ナンバーとコーポレートマークのデカールです。

ワイパーや方向幕はいいとして、デカールがショボい。

マイクロドライプリンタで作ったような出来で、ちょっと引っかくと消えてしまいます。

これでいてトップコートがしにくいときたもんです。(トップコートをするには全部バラバラに分解しないといけない)

このデカールは使わないほうがいいでしょう。


IMG_0151.jpg

このように一緒に入っていたシートに移ってしまうありさま…


こちらは3つあるセットをすべて1つずつ購入した編成で定価だと512,000円ですが、30万円を切って手に入れたそうです。

なんたる運。



さて、今回はこの無垢な8300系を8333+8314編成にして仕上げてほしいという依頼。

抜かりなく取りかかりましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2019/09/29 Sun. 23:00 [edit]

category: 阪急電鉄

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  阪急8300系 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1506-8e036ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ