FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。ウチでは365日日本国旗を掲げています。

カツミの1/80ホキ2500をホキ9500にして青梅線石灰石列車にしよう5:インレタがすべて揃った  

夏休みが終わってしまった…

社会人になってからは「夏休み」はあんまり関係ないけど、夏=夏休みだと思っている私としてはすなわち夏が終わったということになります。

9月には歳も1つとるし、終わっていく感が半端ないです。

畳み掛けるようにキンモクセイの香りをかがされたら、泣いてしまいます。



さて本編。


IMG_1632S.jpg

日本石油輸送のインレタが出来上がりました!


いつもながら素晴らしい出来です!(自画自賛ではなく業者に対しての賛辞)

「日本石油輸送株式会社」は東日本ではタンク車に書いてあるのを見ることができます。

タンク車はわかりますがなぜホッパ車で「石油輸送」なのでしょうか。

日本石油輸送のインレタは台座はないので貨車の再塗装が終わったらすぐに貼ることができます。



★市販インレタ

IMG_1716.jpg

市販インレタも使用します。

こちらはトレジャータウン製の架線注意表記です。

高いところに登る用事があるような車両には貼られる表記で、よく見かけるのは蒸気機関車です!

要するに、感電するから架線に気を付けろという注意喚起です。

架線に触れたら、在来線はD.C.1,500VかA.C.20,000Vを食らいます。

労災では済まないかも知れません。



★カツミのホキ2500付属インレタ

IMG_1710_201907091502111ba.jpg

こちらも少し使います!

数セット分あるので大量に余ります!



これですべてのインレタが揃いました!


★関連商品のデカールもある

株式会社モアというところからデカールも販売されています。


IMG_1715_201907091519508d9.jpg

何が書いてあるかわかんない…


IMG_1711.jpg

こちらがゲラです。

なんか文字がフニャフニャですが、実際のデカールはちゃんとしております。

今回は使わないです。

リファレンスとしてお借りしました。



★18両おさらい

さて、これでインレタを貼って仕上げに向かえますが、今一度18両の内訳を整理しておきましょう。


IMG_1840.jpg

わからなくならないように買ったばっかりのプロ仕様ソフトIllustratorCCで簡単な割り当て表をつくりました。

・ホキ9500奥多摩工業社紋あり×10
・ホキ9500奥多摩工業社紋ありガンガン叩きつき×1
・ホキ9500奥多摩工業社紋なし×2
・ホキ9500日本石油輸送×3
・ホキ2500「東」×1
・ホキ2500「西」×1


とします。

奥多摩工業の社紋なしとは、日本石油輸送と同じように車体に直接書かれているもので、早いうちから奥多摩工業のもとで活躍していた車両群です。

番号も若いです。

車体に書かれた「奥多摩工業株式会社」の文字は厳密に言えば字体が違いますが別にいいとのことです。(社紋ありのほうは丸ゴシック体っぽい)

キリがなくなってしまいます。

これらの番号を選んだ理由は…

最終列車に入っていたからだとかいちばん若い番号だとかキリのいい数字だからとか誕生日がこの日だからたまたま資料があったとかそんな不純な理由です。


IMG_1873_201907091524447e6.jpg

できました!





んー。

なんか違うなー。

文字の大きさ…

車番と「石灰石専用」、もう少し大きいのではないか。

このモヤモヤは次第に大きく、そして…




★重大決心

心にくすぶるものがありながら納品するわけにはいきません。

これをクライアントが貸しレとかで走らせているときに、恥をかかすようなことがあってはなりません。

作り直し!


IMG_1879_20190713153455671.jpg

イラストレーターも買ったことだし、しつこいくらいにサイズ確認をします。

取り急ぎ今回使用する18両+おすそわけ可能な20両分!

そんで、発注!


IMG_1856_20190713181004e62.jpg

出来上がってきました!

サイズはもちろんバッチリ!


IMG_1872.jpg

下が修正版です。

この差です。

これを気付かないなんて、引退ですかね。

モデラーが引退するときは、ステージ中央に何を置いて去ればいいのでしょうか。

歌手はマイクでわかりやすいのですが…

ピンセットかな。

筆かな。

エアブラシかな。



★ホキ9500奥多摩工業株式会社(社紋あり)


IMG_1907.jpg

イイですね~!

この形態が今回いちばんの多勢で、目玉です。



★ホキ9500奥多摩工業株式会社(社紋なし)


IMG_1898.jpg

イイですね~!


IMG_1903.jpg

あれ?

丸ゴシックじゃないですねぇ。

実は、インレタ作り直しに際して直接書きのヤツはフォントを変えました!

しかも2パターン用意!

やりすぎかな笑

9555号の「95」と「55」のあいだにスキマが開いてるのはわざとです。

実車がそんな感じだったから。

色んなその他表記も、号車によって右に寄ってたり下に寄ってたり色々なので、位置決めはアバウトにやった部分もあります。

実車写真があればそのとおりにしました。



★日本石油輸送株式会社


IMG_1894_2019071317513882a.jpg

いいですね!

「日本石油輸送株式会社」は手書きっぽいフォントがあったりしたので、こちらも2種類の字体を作ってみました。


IMG_1895.jpg

いいですね!



★ホキ2500・東


IMG_1905.jpg

ホキ2500はJRが所有してるものだそうです。

貸し出しってことですかね。



★ホキ2500・西


IMG_1906_20190713174522ee2.jpg

イイですね!

「西」とは、西東京鉄道管理局のことだそうで、西日本ではないとのことです。

奥多摩なら充分西東京ですね!

奥多摩駅は東京都最西端の駅だし。


IMG_1911.jpg

「西」のやつが配属されていた頃はそうとう昔のようで、検査周期や場所などが違うようです。

D2というのがその周期を表す記号のようです。

作り直したインレタは、いちばん最初に作ったインレタより印刷精度がはるかに上がっており、小さいほうの検査表記(交番検査表記)の数字や「大宮工」まで読み取れます!

IMG_1916.jpg

こちらが「西」以外の検査表記まわりです。

B1になっています。



450箇所以上におよぶインレタ貼りは完了です!


IMG_1942.jpg

形態調整。

カツミの説明書ではハンドブレーキは2箇所取り付けることになっていますが、実際には片方だけ。

色は白でした。

エンド表記もこのハンドブレーキの位置と相関関係にあり、ハンドブレーキがない側が1&2エンドとなります。

IMG_1951_2019071615552916f.jpg


そして梁の取り付け。

使用したのは0.7mmの真鍮線です。

この時点では固定はしておらず、溝の長さよりほんの少し長く切り出して突っ張って動かないようになっています。

最終的には接着剤で固定しますが、石灰石を積むときに取り外せたほうが便利なので。

3Dプリントの土台とかありますので。


このあとの汚し塗装にインレタが耐えられるように、インレタ面にクリアーコーティングをして完了です。




次回はウェザリングを施し石灰石を積み、完成まで持って行きます!
スポンサーサイト



Posted on 2019/09/02 Mon. 17:00 [edit]

category: 貨物

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  ホキ2500  ホキ9500 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1504-cac5ee46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ