FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

カツミの1/80ホキ2500をホキ9500にして青梅線石灰石列車にしよう2:3Dプリンターであれこれ  

★奥多摩工業社紋台座問題

小さすぎた台座、作りなおしです!


Hoki9500-Prate-HONBAN.png

今回は失敗したくないのでデータ上に仮ボディも作ってちゃんと検証しながら作図します。

なぜあんなに小さく作ってしまったのでしょうか、疑問です。

おそらくインレタから作ってそのインレタが少し小さくできてしまい、そのインレタ基準で台座を作ったからだと思います。

反省です。

基準に近いほうから順番に作っていかなければなりませんでした。

今回の場合はボディ基準、台座があってインレタが貼られますから、まず台座をカッチリ決めてからインレタのデザインをすればよかったです。

なんだか分かりませんが奥多摩工業さんに菓子折りを持って謝罪に行きたくなりました!


Hoki9500-Prate-Hikaku.png

小さいほうがもとのサイズ、大きいほうが修正版。

なんだこの差!

そろそろ引退ですかね。

Hoki9500-Prate-URA.png


作り直しついでに、車体から少し浮いて取り付けられている感じを再現できるような構造にしました。


ちなみに社名文字のほうの台座(長方形)のサイズはイイ感じでした。



★積み荷問題

貨物列車として仕上げる!

というのは、もちろん積み荷を積んだ状態をということです。

題名にもあるように今回は石灰石を運ぶ列車で、その石灰石を模した小さな石も買ってあります。

ただそれをバーっと載せるだけでは芸がないし重くなりすぎると思うのです。

そこで、3Dプリントを使って積み荷の土台を作ることにしました。


ホキ積荷ベースEditDSM

こんな感じ。

4つ山がありますが、これは4箇所の吐き出し口から落とされた石灰石が自然になる形を模したもの。

コレをはめ込んでからコレを隠すように石灰石(の模型)を撒けば、石灰石も節約できて形もキレイに、軽量化までできてしまうという一世一代のノーベル物理学賞モンの大発明です。


IMG_1755.jpg

出来上がってきました!

下に隠れるものですから、いつもの高精細モードではなくナイロン出力です。

一番安いやつです。

表面はザラザラしていますが隠れてしまうし大丈夫です。

かなり頑丈です!


IMG_1760_201907011859154a7.jpg

はめてみたらイイ感じですが、ここで問題に気付きました。

一度はめたら取り出せない…。

細かい箇所の寸法も見直したいし、第2段を作りましょう。


Hoki9500-Tsumini-Ver2.png

こんな感じ。


IMG_1756.jpg

出来上がってきました!

取り出せない問題は山に穴を開けて引っ掛けて取れるようにして解決。

寸法も良さげです!

はめてみたらイイ感じですが、ここでまた問題に気付きました。


梁に干渉する…。


IMG_1761.jpg

左右を渡すように棒が通るのですが、それがこの土台と干渉するのです!

というか梁のことを忘れていました。

頑丈ですから削るのも大変なので、最初から逃がせるように造形したほうがいいでしょう。(書き込みはそれのケガキです)

細かい箇所の寸法も見直したいし、第3段を作りましょう。


Hoki9500-Tsumini-Ver3.png

こんな感じ。


IMG_1757.jpg

出来上がってきました!

梁を逃がす溝もでき、進化していってる気がします!

IMG_1763.jpg


しかし!

微妙に寸法が合わない…

ナイロンだからか?

確かにいつもの高精細モードとは機械から違いますけど、こんなにズレるかなー。

まぁ、少し気になる箇所が他にもあるし、第4段を作りましょう。


Hoki9500-Tsumini-Ver4.png

こんな感じ。


IMG_1758.jpg

出来上がってきました!

IMG_1764_201907011859148d1.jpg

寸法はピッタリです!

どんどん研ぎ澄まされていってるのがわかりますが、

こんなに試作品を作りまくって、無駄じゃないか!無駄じゃないか!!

と怒る活動家もいるでしょうから言っておきますが、これら試作品はすべて使用します。

だってホキは18両ありますから。

足りないくらいなのです。

コレ!というものが出来上がったらシリコンで複製を考えておりますが「縮む問題」があるので微妙。

3D出力のままの1両分の積み荷土台は1,000円弱です。

一方、1両分の石灰石の値段は300円くらい。


うーん



機関車の牽引力と相談して大丈夫そうなら普通に積みましょうかね…。

ここまでやっておきながら笑

この4つはもちろん使います。
スポンサーサイト



Posted on 2019/07/11 Thu. 17:00 [edit]

category: 貨物

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  鉄道模型  カツミ  ホキ2500  ホキ9500 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1497-584815e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ