FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

さいどらいん製JR東海トロッコファミリー号を作る。7:展望客車組み立てA  

いよいよ組み立てです!



★窓ガラス


IMG_0152.jpg

ほぼオープンカーではありますが乗務員室ドアと乗降口ドアにはガラスがあります。

塩ビ板を使用。

乗降口ドアのHゴムに色差しもしました。


★屋根

IMG_0159.jpg


屋上にはベンチレーターのみが搭載されます。

フルオープン客車にベンチレーターは果たして必要なのかという疑問は残ります。

デッキ用と思われるものだけは塗色は車体と同じブルーです。

ダボが中心からズレていましたのでダボを削って中心を出しました。


★オハフ17-11床板

まずは簡単なオハフ17-11号から。

オハフ17-1号がテールライトがつくために集電機構があり、その分の車高を調整します。

また、穴の開いている室内パーツの隙間から変なものが見えないように薄いプラ板をかまします。

IMG_0175.jpg

スケスケ。

車端部は下に何もなくなるので車高調整兼目隠しプラ板を貼ります。

IMG_0160.jpg

厚さは0.1mm。


IMG_0185.jpg

いいですね!

IMG_0162.jpg


さらに、お隣スハフ14-1号にはスハフ14-11号にはない集電板の厚みがつきますから、調整のため0.2mmのプラ板もかましました。

これで完成時の車高となりますので、仮組みしてスハフ14と並べてみましょう。


IMG_0168.jpg

うわぁ…。

ちょっと高すぎるなぁ。

うーん

うーん




営団英断

やめよう!

床板作りは振り出しに戻るのでした…

☆むしり取られたプラ板
IMG_0198_20181225140729007.jpg


★やはり

そうなるとキット同梱の床板を使用することになります。

キットには付属していなかった(梱包ミスと思われる)心皿は、昔作ったペアーハンズ東武30000系のものが余っていたのでそれを使うことにしました。


IMG_0163.jpg

穴の直径は合わないので電動工具で拡げました。

IMG_0170.jpg

取り付けはハンダ付け。

少し床板の上に飛び出たのでリューターでフルフラットに。

ひとまずこれで台車は取り付けられます。

IMG_0179.jpg

プラ床板との比較です。

ちょっと曲がってしまっているのでわかりにくいですが、0.8mmくらいトップが落ちています。

これはデカイです。

IMG_0181_20181226021128c72.jpg

カプラーの高さも大丈夫でした!



★車高を上げたくない

できるだけ車高を上げたくないので、色々工夫します。

IMG_0173.jpg


エッチングパーツの穴をふさぐようにプラ板を切り出しました。

このプラ板は上記のむしり取られたプラ板の役目を果たします。

IMG_0174.jpg

床下機器側にもプラ板を切り出します。

床下機器側プラ板は、先のプラ板を真鍮床板と繋ぎ、光の抜けも防ぎ、床下機器の保持の役割をします。


IMG_0177.jpg

こんなふうに合わせて接着。

そして上面を室内パーツの床色に塗りました。(写真は忘れた)

これで実質さいどらいん想定の車高になります。

これで車高が高すぎたら、完全にさいどらいんの責任です!笑

やーいやーい!


★TNカプラー

強度を考えTNカプラーはネジ留めとし、このネジで床板のドッキングの働きもしてもらいます。


IMG_0197_20181226022200956.jpg

板橋区は本蓮沼のエコーモデルで買ってきたM1.0ネジ。

細いです!


床板のほうには0.8mmで下穴を開け、ネジそのものでタップを立てます。

真鍮のような軟らかい素材なら大丈夫なのです。


IMG_0206_201812260221594fa.jpg

カプラーもそのままではいけません。

取り付け穴は1.1mmに拡張し、さらに穴のまわりを少しさらってネジの頭が少し埋まるようにしました!

台車とカプラーが近いので、台車の首ふりを邪魔してしまうのです。


IMG_0205.jpg

この差です!

いいですね!



★ドッキング


IMG_0221.jpg

いいですね~!

やっと1両形になりました!(ステッカーについては次回触れます)

懸念は2点!

台車の動作と車高です。


なんとか台車も動いてくれます。

簡単な試運転も問題ありませんでした!


IMG_0265.jpg

車高は少し改善されました!

写真だとうまく伝わりませんが、コレがメーカーであるさいどらいんの想定高さになります。

IMG_0267.jpg

人間ビューで見たらこんな感じ。


さて、オハフ17-11号はこれでいいさ。

問題は集電機構のあるオハフ17-1号です!

もちろん勝算もなしに方向転換をするような私ではありません。



次回、オハフ17-1号を組み立てましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2019/02/04 Mon. 17:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Nゲージ  鉄道模型  JR東海  トロッコファミリー号  さいどらいん 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1465-e32bf15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ