FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

Msコレクションの「茶川商店(ALWAYS新・三丁目の夕日)」をつくろう2/2  

製作の進め方は今までのMsコレクションと同じです。

前作の「駅前食堂」と共通のパーツもあります。


IMG_0138.jpg

これです。

1枚ずつ貼っていくあの難儀な壁…。


IMG_0139.jpg

できました!


IMG_0140.jpg

なんか色がキレイすぎる気もするなぁ。

少しくたびれた感じが出ればイイかも知れません。


IMG_0145.jpg

微妙に寸法があわないところはどう処理をさせるつもりだったのでしょうか。

私は色を塗って対応しましたが。


この微妙な空間にはお勝手がつきます。

平屋だとこういった部分がアクセントとなってイイです。


IMG_0192_20181208225010d18.jpg

こんな感じ。

でも…

このままだと素材が丸見え!

色を塗るではなく、ぶち抜いてしまいました!

IMG_0195.jpg


IMG_0147.jpg

店内の壁はこんな感じ。

昔ながらの漆喰のような砂のような壁を模しているんだと思います。


ところで、前述のとおり店先には小物がたくさん置かれます。

テーマがテーマだけに店先を覗きこむ人も多いでしょう。

そのときにこの建物内がスカスカなのがとても目立つと思うのです。

そこで、建物内も少し作り込んでやることにしました!


IMG_0215.jpg

現物合わせで方眼紙を切り出します。


IMG_0217_20181209005216136.jpg

それっぽい色を作って塗りました。

参考にした色は、ばーちゃんちの壁です笑


IMG_0229.jpg

余っているパーツを使って柱や梁を再現。

いい雰囲気です!

参考にしたのはばーちゃんちです。


IMG_0224_20190208112535f22.jpg

床は方眼紙を切り出して畳を模した色に塗って取り付け。

この作業をするに当たって間取りを調べました。

風呂なし2Kのようです。

風呂がないのはこの時代では珍しくないです。

トイレがどこにあるのかはわかりません…。


★看板建築

この時代を象徴するような看板建築が茶川商店の特徴です。

石の質感に近い感じの紙にスジ彫りし、石材を積み上げたようにします。

IMG_0150.jpg

紙にスジ彫り。

気をつけないと彫るというより「キズをつける」格好になります。


IMG_0182_2018120901002130e.jpg

看板部分も数パーツ構成で、且つ全ての面にスジ彫りをします。

正面と側面でスジがずれるとカッコ悪いので特に気をつけます。

IMG_0197_20181209010019c2d.jpg


看板部分完成!


IMG_0198.jpg

形を保つための木の棒が入っていますので、頑丈です。

普通のSS(一般構造用圧延鋼材)でできた重い豆ジャッキを乗せてもビクともしません。

実物換算なら100人乗っても大丈夫です。

全員バレエダンサー並みにつま先立ちしても無理だと思いますけど。


★箱へ


IMG_0230.jpg

看板建築の部分と合わせながら箱のカタチにしていきます。


IMG_0240.jpg

いいですね!


IMG_0247_201902081130589cf.jpg

裏側はこんなハリボテ。

ハリーボッテー。



★地球

ビールケースやベーゴマの台は地面に置かれます。

キットには地面のパーツもついているのですが、分厚くて固定式レイアウトに組み込むには不向きなので薄いボール紙で作ることにしました。

建物もこの地面に完全固定します。


IMG_0245_2019020811290898e.jpg

地面は、店内はコンクリートで店外は未舗装の土の地面です。

土の地面はレイアウトに組み込んだら最終仕上げをしますが、下地は塗装で作っておきます。

この写真ではわかりにくいですが、店の出入り口になる地面には引き戸用の溝をスジ彫りしておきました。



★小物

駄菓子屋「茶川商店」を彩るたくさんの小物を仕上げます。


IMG_0179_20190208113612524.jpg

台だとかビールケース、ベーゴマの台はホワイトメタル製。

下地作りからしなければなりません。

プライマー入りサーフェイサーで下地を作り、ベースとなる色を塗ります。

IMG_0243.jpg


木のように仕上げる台などは茶色く塗ってウェザリング・エイジングを施しました。

ベーゴマの台も同様。

IMG_0232_201902081136153f5.jpg

IMG_0225.jpg


よっちゃんイカとかが入っていそうなボトルは、ボトル本体とフタパーツの2ピース構成。

細かい!

IMG_0234_20190208113814738.jpg

できました!


IMG_0241_201902081138168d3.jpg

駄菓子屋が子供心をくすぐるのは、店頭に置かれたカラフルなパッケージのお菓子でしょう。

そういったものはシールで表現されています。

形さえ合えばどこに置くかは決まりはないので、駄菓子屋の店主にでもなったつもりで配置しましょう。

IMG_0258_20190208114014bf0.jpg

IMG_0261.jpg

IMG_0260.jpg

いいですね!

IMG_0276.jpg

完成です!


古き良き昭和の象徴といえる駄菓子屋。

ヨレヨレのタンクトップに半ズボン、みんな同じような格好をしていてみんなが未来を夢見ていた時代だと思います。

この頃、日本は元気でした。



照明ですが、あるアイデアがあるため現段階では取り付けません。

その間ずっと工場においておくのもアレなので、楽園鉄道に持っていってしまいます。


IMG_0334.jpg

ひとまず納品されました!
スポンサーサイト



Posted on 2019/04/25 Thu. 12:00 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  ジオラマ  ストラクチャー  茶川商店  ALWAYS  新・三丁目の夕日 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1464-4c42cb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ