FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

ストラクチャーキット「日本の風景~駅前通りの建物・よろづや」を作る4  

角材が補強用として付属しています。

紙を貼り合わせただけですから少し反ったりしているのですが、この角材を取り付ければ真っ直ぐになります。

また、縦方向に入る角材は直角に接する面どうしの「繋ぎ」の役割も担います。


IMG_0028.jpg

説明書では窓枠の厚みをかわすために角材を削るように書いてありますが、面倒なので紙のほうを底上げして厚みを揃えました。


IMG_0035.jpg

角材を取り付けてからガラスパーツをつけました。

ガラスは付属の透明塩ビ板を使用しました。

長手方向の面が完成したらいよいよ立体にしていきます。


IMG_0036.jpg

平らな場所に置いて高さを揃えながら、角材で繋いでいきます。


IMG_0037.jpg

立体になりました!


IMG_0038.jpg

いいですね!


IMG_00420.jpg

立体になったら四隅にこのような白い部分が露出してしまいます。

そこも前回登場した細く切った木の模様の紙を貼ります。

これでベースの紙は隠れます。


IMG_0043.jpg

いいですね!

IMG_00851.jpg


大黒柱を追加しました。

この大黒柱がないと2階部分が重みで傾いてしまい、欠陥住宅になってしまうのです。

ビー玉が転がっていくアレになってしまうのです。

ここまで傾いていたら就寝中の人たちも転がっていくでしょう。

あぐらをかいているお父さんも転がっていくでしょう。

この大黒柱1本立てることで転がらなくて済むのです。


あと、角材が目立つのでダークブラウンで塗っておきました。


IMG_0305.jpg

壁は出来上がりです!


★屋根

屋根はこれまたややこしい…


IMG_0049.jpg

まずはベースになる台紙を作ります。

2枚貼り合わせてから切り出します。

3Mのスプレーのりを使えばまんべんなく糊がついていい感じですが、後始末が大変なので必ず要らない新聞紙かなんかの上で吹きましょう。

要らない新聞ということで今回は朝日新聞が犠牲になりました。(一応言っておきますが私は朝日新聞なんか取ってません)


IMG_0051.jpg

形をホールドするのは三角形のパーツのみです。

がんばれ。

IMG_0050_20181019014524155.jpg

建物と直接接するのはこのパーツです。

この時点でちゃんと建物と合うか確認しておきます。

IMG_0053_20181019014824934.jpg

IMG_0054_20181019014826ac1.jpg


いいですね!

IMG_0056.jpg

このままでは真っ白けっけで目立ち過ぎますから色を塗っておきましょう。


IMG_0075.jpg

サーフェーサーを吹いてからダークブラウンを塗りました。

柱の色もダークブラウンですから、これで目立ちません。


IMG_0076.jpg

ここからまた困難な作業があります。

この1枚屋根パーツからガイドなしで必要な寸法で切り出せというのです。

瓦の1枚の大きさにほぼ合っている長さが指定されていて、且つ少し大きめに取ってあるそうですが、気をつけて切り出します。

IMG_0077.jpg


黒かったりしてケガキがしにくい場合はこのようにマスキングテープを使います。

マスキングテープに書き込むのもいいです。

0.2mm厚の刃の回転ノコギリを使いました。


IMG_00790.jpg

切り出しました。

しかしこのままでは左右のモールドが合いません。


IMG_0080.jpg

左右のモールドを合わせるために両端を調整。


IMG_0081.jpg

台紙に貼ります。

貼ったら建物と合うようにさらに削って調整。


IMG_0082_201810190158178c1.jpg

鬼瓦も別パーツ。

屋根の頂点に来るパーツも別パーツ。

これらはいずれもプラ用接着剤で取り付けられます。

なぜか最初は粘り気(プラを溶かしてる感)を感じずしばらく固定しておかないとスルスル動いてしまいます。

でも、固まったらガチガチにくっつきました!

何ていう素材だろう…。


IMG_0083_20181019015819eac.jpg

取り付けて屋根の造形は完了です!

普通の形のが2階用、L時が1階用、小さいやつは勝手口用です。


「塗装しないで仕上げた例」とある表紙の完成見本は嘘で、屋根は塗装しないと真っ黒プラ感丸出しです。

ここは完成見本を再現するために青く塗ることにしました。

使用した色はGMカラー16番ブルー+GMカラー10番ブラックに、ツヤ消し(Smooth)です。


IMG_0084.jpg

できました!

合体させてみましょう!


IMG_0098.jpg


IMG_0097.jpg

いいですね!

これで建物になりました!

夜露を凌げるようになりました!

IMG_0099.jpg

暗い室内は屋根のある証!笑



次回は細かいものを取り付けて完成まで持っていきましょう。
スポンサーサイト



Posted on 2018/11/05 Mon. 17:30 [edit]

category: ストラクチャー

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: Msコレクション  よろづや  ストラクチャー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1451-8787719a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ