FC2ブログ

すみだ総合車輛センター SUMIDA Comprehensive Depot

主に鉄道模型製作や改造、オーバーホールの代行の記録。たまにプラモデル、稀にどこか行きます。2020年は、東アジア情勢に注目!

U-TRAINSのJR-E233系1000番台京浜東北線を作ろう11:床板と合体  

いよいよ電車の形になる瞬間が近付いてまいりました!

しかし!

まだやることはあります…

室内灯です!


IMG_4161.jpg

こちらが室内灯です。

U-TRAINS純正のものです。

1両分に5つ3216チップLEDがついてます。

低い電圧でも動作するようにLED1つにつき抵抗1つ直列、それが5つ並列に繋げられています。

理想の回路構成です。

さすがオーディオを扱う会社です。


いつだったかのアクラス205系につけた高橋スペシャル室内灯はやりすぎだったかも知れませんが、さすがに5個だけだとどうなんでしょうねぇ。

整流はこの基盤上でしてくれますし、電源スルー接点もあるので拡張もしやすいです。

先頭車のライト基盤の電源もここから取ります。


しかし!

説明書の端子の説明と実物が合っていませんので解析が必要でした。

動作チェックもクリアしたので、取り付けましょう。

IMG_4162.jpg


車輪からの電源は引っ張ってあり、ケーブルをつなぐだけになっています。


IMG_4188.jpg

いきなり申し上げますと、このケーブルは不採用としました。


IMG_4184.jpg

目立ち過ぎてせっかくの室内ディテールの見栄えに悪影響をおよぼします。

弱い手すりにケーブルがボコボコ当たるし。

さらに脱着に不便!

IMG_4185.jpg


エンドウやカツミの標準仕様と同様ではありますが、私はアレを良しとはしていません。

それらを解決します。


IMG_4163.jpg

コネクター作りました。

手作りコネクター。

ライト基盤に直接ハンダ付けでもいいのですが、取り付けの利便性とコネクター支持の機能を考慮した結果別基盤にしました。

少し長めのケーブルを引きクロスするように取り回しすることで、コネクターと基盤とライト基盤の位置関係はかなりフレキシブルにできます。


IMG_4168.jpg

床板側は帯板を這わせる仕組みに変更、かなりスッキリしました!

座席ギリギリを通るようにすれば、少なくとも手前の帯板は見えません。

しかし美しいな。

プレミアムミラークロームを使った手すりがなんとも。


IMG_4171.jpg

先ほどのケーブル式と比べたらかなり見栄えは上がりました!

見ようと思わなければ見えない!


でも!

まだなんとかできそうだなぁ。


IMG_4201.jpg

改良しました!

コネクターの先を切ってバネを取り付け、バネで端子に当たる仕組みにしました!

バネはトミックスの分売パーツを使用。

バネは長さとストロークが決まってしまうので、ちゃんと採寸してカッチリやらないとうまくいかないです。

しかし車端ギリギリに寄せることができて、座席の長さで言えば3人分のスペースを使っていたところを1人分だけで収めることができました!


IMG_4192.jpg

床板側も更に改良し、0.5mmリン青銅の棒で給電回路を作りなおしました。

もとのものと比べるとこんな差です。


IMG_4181.jpg

先ほどのバネはここに当たります。



では改めてテスト点灯の写真をば。


IMG_4165.jpg

ででん

いいですね~


IMG_4166.jpg

優先席床もよく見えます!


IMG_4388.jpg

配線は完全に地面に這わせ、かなり見栄えは向上しました!

いいですね!

片台車片側集電ですが意外とチラツキはないですね。

やはり金属車体で重量がそれなりにあるからでしょうかね。


IMG_4193.jpg

動力車床板側はモーターに行く配線があるので少しややこしいです。

しかしこれ以上シンプルにはできません。

動力用は大電力に対応するために通電棒は0.7mmにしてあります。


IMG_4197.jpg

テストで気になったこの丸見えのモーター…


IMG_4194.jpg

隠しました。

もともとそのつもりで、床板シールを作ったときにモーターの部分の分も作っていたのです。


★合体

さて、これでいよいよ車体と床板を合体できるわけですが、改めて室内のチリやホコリを掃除しておきましょう。

エアブローとブラシでぱっぱっと払ってやります。

ガラスがもともとキズだらけですから、せめて。


IMG_4392.jpg

車体と床板の固定は8箇所のネジです。

床板とボディは上下左右1.5mmずつくらい遊びがありますので、ちゃんとセンターになるように調整します。

この調整をを怠ると編成にしたとき1両だけ横に飛び出したようになり美しくありません。


ネジが貫通して座席パーツに当たらないか不安でしたが、大丈夫でした。

そりゃそうですわね。

これでやっと電車の形になりました!



先頭車は事情により次回。
スポンサーサイト



Posted on 2018/10/28 Sun. 10:00 [edit]

category: JR・日本国有鉄道

thread: 鉄道模型 - janre: 趣味・実用

tag: HOゲージ  1/80  鉄道模型  U-TRAINS  E233系  京浜東北線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sonshivc.blog100.fc2.com/tb.php/1444-dcb5aec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごあいさつ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

検索フォーム

今までブログに書いたヤツ一覧

おすそわけコーナー

おすそわけコーナー2

メールフォーム

ブログ村

最新コメント

カウンター

手元

広告

楽天ランキング

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ